ラベル

ファンダメンタルズ投資 (172) 米国株 (145) バリュー投資 (141) 財務諸表を読もう (115) 個別銘柄分析 (104) 成長株投資 (104) 資本家 (103) 不労所得を得る (102) 配当を得る (96) 中国株 (85) 高配当投資 (79) 経営 (78) 会計 (76) 労働者 (74) バブル・暴落 (65) 書籍 (62) インドネシア株 (55) マレーシア株 (48) アルゼンチン株式 (46) 節約術 (37) 街角経済 (32) ロシア株 (31) テクニカル投資 (30) 組入銘柄 (28) 家計簿 (27) ローン返済 (23) 名古屋 (15) グランパス (14) MELI (10) PNRA (10) NTES (9) NISA (8) アメーバ経営 (8) MO (7) PG (7) 寄付 (7) ABT (6) DIS (6) JNJ (5) LLY (5) MMM (5) SPY (5) WMT (5) 稲盛和夫 (5) AEO (4) 1066.HK(山東威高集団医用高分子製品) (3) 2328.HK(中国人民財産保険) (3) 6888.KL(AXIATA) (3) GSK (3) SHAK (3) UNH (3) UNVR.JK (3) 0388.HK(香港交易所) (2) 0857.HK(中国石油天然気) (2) 0867.HK(康哲薬業) (2) 0991.HK(大唐国際発電) (2) 2202.HK(万科企業) (2) 2628.HK(中国人寿保険) (2) 2883.HK(中海油田服務) (2) 900923.SS(上海百聯集団) (2) INDF.JK (2) ISRG (2) KLBF.JK (2) MCO (2) V (2) VOO (2) 0525.HK(広深鉄路) (1) 0576.HK(浙江高速道路) (1) 0837.HK(譚木匠) (1) 0956.HK(新天緑色能源) (1) 1398.HK(中国工商銀行) (1) 2039.HK(中国国際コンテナ) (1) 8664.KL(SP SETIA) (1) AXP (1) BBRI.JK (1) BRK-B (1) MA (1) MANU (1) カルガモ親子投資法 (1) 出版 (1) 定点観測 (1)

2014年7月26日土曜日

Shandong Weigao Group Medical Polymer Co., Limited (1066.HK) 配当が出ました --医療機器を扱う超成長企業、日本の在りし日のテルモを彷彿をさせるNo.1優良企業

Shandong Weigao Group Medical Polymer Co., Limited (1066.HK)の2013年本決算の配当が出ました。

この会社は、自分なりの投資法が確立されてきた頃に、正しく「価値」と「価格」のギャップをうまく活用し割安に購入できた株式の事例です。

結果として、現在は株価が約6倍ほどになっており、大暴落の中で周りの人々が阿鼻叫喚となっている中で、気持ちをコントロールし、買い進めることができたことは非常に良い経験になりました。

この会社の事業内容は、注射針などの医療機器に関する製造、販売です。購入が2008年10月のリーマン・ショックの真っ最中でしたから、6年ほど前ですが、その当時は日本のテルモみたいな会社だなと思っていました。
そのうちに、本当にテルモや米国のメドトロニック社と提携や合弁を果たしました。現在は、メドトロニック社との合弁は解消されています。

業績ですが、2007年や2008年当時は毎年50%増益を繰り返していましたが、現在は少し成長が陰っています。ただし、数年前に比べて、中国ナンバーワン医療機器メーカーに育ち、業績が安定してきました。今後の展開ですが、長い目で見れば中国も少子高齢化に向かっていますので、国家の医療費は増大していくと思われます。その内需増大に合わせて業績も伸びていけばいいなと思っています。

配当は、1%を切っており高配当ではありません。今後の成長に期待というところです。



http://finance.yahoo.com/q/is?s=1066.HK+Income+Statement&annual


この記事は参考になりましたか?

少しでも参考になればSNSでシェアしてもらうと嬉しいです。
   ↓ ↓ ↓

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

0 件のコメント:

コメントを投稿