ラベル

ファンダメンタルズ投資 (172) 米国株 (145) バリュー投資 (141) 財務諸表を読もう (115) 個別銘柄分析 (104) 成長株投資 (104) 資本家 (103) 不労所得を得る (102) 配当を得る (96) 中国株 (85) 高配当投資 (79) 経営 (78) 会計 (76) 労働者 (74) バブル・暴落 (65) 書籍 (62) インドネシア株 (55) マレーシア株 (48) アルゼンチン株式 (46) 節約術 (37) 街角経済 (32) ロシア株 (31) テクニカル投資 (30) 組入銘柄 (28) 家計簿 (27) ローン返済 (23) 名古屋 (15) グランパス (14) MELI (10) PNRA (10) NTES (9) NISA (8) アメーバ経営 (8) MO (7) PG (7) 寄付 (7) ABT (6) DIS (6) JNJ (5) LLY (5) MMM (5) SPY (5) WMT (5) 稲盛和夫 (5) AEO (4) 1066.HK(山東威高集団医用高分子製品) (3) 2328.HK(中国人民財産保険) (3) 6888.KL(AXIATA) (3) GSK (3) SHAK (3) UNH (3) UNVR.JK (3) 0388.HK(香港交易所) (2) 0857.HK(中国石油天然気) (2) 0867.HK(康哲薬業) (2) 0991.HK(大唐国際発電) (2) 2202.HK(万科企業) (2) 2628.HK(中国人寿保険) (2) 2883.HK(中海油田服務) (2) 900923.SS(上海百聯集団) (2) INDF.JK (2) ISRG (2) KLBF.JK (2) MCO (2) V (2) VOO (2) 0525.HK(広深鉄路) (1) 0576.HK(浙江高速道路) (1) 0837.HK(譚木匠) (1) 0956.HK(新天緑色能源) (1) 1398.HK(中国工商銀行) (1) 2039.HK(中国国際コンテナ) (1) 8664.KL(SP SETIA) (1) AXP (1) BBRI.JK (1) BRK-B (1) MA (1) MANU (1) カルガモ親子投資法 (1) 出版 (1) 定点観測 (1)

2014年8月31日日曜日

Datang International Power Generation Co., Ltd. (0991.HK) 配当が出ました --中国の電力会社を見ながら、日本の電力事情を考えました。2万円も電気代が増加?

Datang International Power Generation Co., Ltd. (0991.HK)の2013年本決算の配当が出ました。
この会社は、北京にある大手電力会社で、簡単に言うと中国の東京電力といったところです。ディフェンシブ銘柄ですね。まぁ、東電はすでにディフェンスを突破された感はありますが。(TдT)

中国の大手電力会社と「発送電分離」

中国の大手電力会社は以下の5社になります。
カッコが香港で取引できる子会社。
各子会社の、売上高、増収率(%)、純利益、増益(%)、EPS、現金配当(1株当たり)、分割は以下の通り。
  • 中国華能集団公司(華能国際電力)
12.12   133,967 0.4   5,512  367.0 0.39  0.21 --
13.12   133,833 ▲0.1 10,426  89.1  0.74  0.38 --
14.12(予) 134,746 0.7   11,405  9.4   0.81   -- --
15.12(予) 140,714 4.4   11,617  1.9   0.84   -- --
  • 中国大唐集団公司(大唐国際発電) ←この会社
12.12   77,598  7.2   4,019  103.9   0.30  0.1 --
13.12   75,227  ▲3.1  3,529  ▲12.2  0.27  0.12 --
14.12(予) 79,227  5.3   4,360  23.6   0.33   -- --
15.12(予) 86,226  8.8   5,072  16.3   0.38   -- --
  • 中国華電集団公司(華電国際電力)
12.12    59,080   9.0   1,447  1860.1  0.21  0.065 --
13.12    66,049   11.8  4,097  183.2   0.56  0.225 --
14.12(予)  68,444   3.6   4,404  7.5    0.55   -- --
15.12(予)  72,824   6.4   4,552  3.4    0.56   -- --
  • 中国国電集団公司
  • 中国電力投資集団公司
当会社は、2番めの規模で、1番の華能国際電力の約半分の売上となっています。
2013年度は、売上、利益共に下げていますが、2014年度予想では戻る見込みです。

なお、中国ではすでに発送電分離がなされており、上記の5社は純粋な電力供給会社です。これ以外に送電専門の会社があります。

  • 国家電網公司
  • 中国南方電網公司

ちなみに、日本では、2018年~2020年を目処に発送電分離を目指しています。
この予定の前の2016年には「電力小売の自由化」が予定されていますので、その時には利用者側は発電会社を選ぶことができるようになります。これにより競争が促され、電気代が安くなることが予想されます。電力自由化がされていない現在では、利用者は地域電力網を持つ電力会社(東電など)に固定されて電気を買わざるをえない状態なので、地域独占となっており効率が悪い状況です。
発送電分離は、自由化により競争が実現した後、さらに発電と送電を会社を分けて会計を分けることにより、各部門の効率化を図ろうとするものです。
この規制緩和は電力事業の歴史では強烈な施策なので、実現するとよいですね。


エネルギー価格推移

エネルギー価格の上昇に伴い、中国の電力会社全般が利益を圧迫され株価が押さえられています。
なお、石炭価格の推移は下記の通り、2005年頃から急激に高くなっており、この余波を受けている状態ですね。確かジム・ロジャースも商品・コモディティの時代が来ると言っていましたが、彼の予言(もしくはあとづけ)がどうであれ、世界情勢的にはエネルギー価格は全般に上昇しています。
余談ですが、日本においては、タイミング悪く東日本大震災で原発を止めざるを得ない状況になっていますので、高止まりしている通常価格のさらに何倍もの価格でエネルギーを購入しているのが実情です。下記のLNG価格は日本、アメリカ、ヨーロッパ別のグラフになっていますので、よく分かりますね。いかに日本が法外な値段で買わされているか。

石炭価格の推移(1980~2014年) 出典:世界のネタ帳

天然ガス価格の推移(1980~2014年) 出典:世界のネタ帳

ちなみに、日本の電気料金の推移は、こちら(エネチェンジ)。まだ、微妙に家計では気づかいない上昇ですので、今後は気にしてみてください。年間2万円も電気代が上がっているようです。

エネチェンジ;近年の家庭の電気代の推移をみると、年間2万円以上も高くなっていた!

投資効果

さてさて、話は戻りまして、この株式の投資効果についてです。
各指標ですが、
ROE 8.2 %
ROA 1.2 %
PER 12.62 倍
PBR 1.03 倍
配当性向 44.4 %
配当利回り 3.52 %
総資産回転率 0.3 回
株主資本回転率 1.8 回

私は中国株投資を始めた頃からの付き合いでして、10年以上保有しています。ただ、上記の理由で、株価は低迷していまして現状で50~70%の上昇に留まっています。10年持ってこれでは結構泣ける成長率です。
強いて言うなら、配当が平均的に年4%程でしたので、4%×10年で40%分が配当で貰えたとすると、株価の上昇と合わせて2倍弱というところです。
頑張って保有しているのですが、それほどいいパフォーマンスではありませんね。投資をしていると、まあ、こういう会社もある訳です。(-_-メ)



この記事は参考になりましたか?

少しでも参考になればSNSでシェアしてもらうと嬉しいです。
   ↓ ↓ ↓

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

0 件のコメント:

コメントを投稿