ラベル

ファンダメンタルズ投資 (165) 米国株 (138) バリュー投資 (135) 財務諸表を読もう (111) 個別銘柄分析 (103) 資本家 (103) 不労所得を得る (101) 成長株投資 (100) 配当を得る (94) 中国株 (82) 経営 (78) 高配当投資 (78) 会計 (75) 労働者 (74) バブル・暴落 (64) 書籍 (60) インドネシア株 (51) マレーシア株 (45) アルゼンチン株式 (44) 節約術 (34) 街角経済 (31) ロシア株 (30) テクニカル投資 (27) 家計簿 (26) 組入銘柄 (26) ローン返済 (23) 名古屋 (15) グランパス (14) MELI (10) NTES (9) PNRA (9) NISA (8) アメーバ経営 (8) MO (7) PG (7) ABT (6) DIS (6) 寄付 (6) JNJ (5) LLY (5) MMM (5) SPY (5) WMT (5) 稲盛和夫 (5) AEO (4) 1066.HK(山東威高集団医用高分子製品) (3) 2328.HK(中国人民財産保険) (3) 6888.KL(AXIATA) (3) GSK (3) UNH (3) UNVR.JK (3) 0388.HK(香港交易所) (2) 0857.HK(中国石油天然気) (2) 0867.HK(康哲薬業) (2) 0991.HK(大唐国際発電) (2) 2202.HK(万科企業) (2) 2628.HK(中国人寿保険) (2) 2883.HK(中海油田服務) (2) 900923.SS(上海百聯集団) (2) INDF.JK (2) ISRG (2) KLBF.JK (2) MCO (2) SHAK (2) V (2) VOO (2) 0525.HK(広深鉄路) (1) 0576.HK(浙江高速道路) (1) 0837.HK(譚木匠) (1) 0956.HK(新天緑色能源) (1) 1398.HK(中国工商銀行) (1) 2039.HK(中国国際コンテナ) (1) 8664.KL(SP SETIA) (1) AXP (1) BBRI.JK (1) BRK-B (1) MA (1) MANU (1) カルガモ親子投資法 (1) 出版 (1)

2014年10月6日月曜日

Indofood Sukses Makmur Tbk. (INDF.JK) 配当が出ました --インドネシアの食品製造・加工会社、内需拡大・GDPの成長に歩調を合わせて伸びる会社

Indofood Sukses Makmur Tbk. (INDF.JK) の2013年本決算の配当が出ました。

このインドフード サクセス マクムールはインドネシアの食品製造・加工会社です。

私は、インドネシアについては、大きな投資戦略の中の一つの位置づけで買っています。

その戦略の位置づけとは、現状分析として、

  • 将来、日本の円資産は、日本国債の暴落に伴い価値を減じていく。
  • 現在、投資中の中国株式も、中国不動産の暴落により大きく下落する。
  • 自分の年齢も考えてよりリスクが低い資産へのシフトが必要
という状況があるので、
  • 米国株
  • その他成長の見込める国
への重みを増やしつつ、
  • 安定した配当を得られる会社
  • 安定した成長を得られる会社
  • 一部はハイリスクの高成長を望める会社
を購入しているものです。

インドネシアへの投資は、最後の「一部のハイリスクで高成長が望める会社」の位置づけで購入しています。まだ、インドネシア株の割合は多くないのですが、今後資金に余裕が出てきたら、あと世界で暴落が始まったら買い増していこうと思っています。


また、インドネシアは、
Kalbe Farma Tbk. (KLBF.JK) 配当が出ました --インドネシア最大の製薬会社
でも述べましたが、若い国で人口が増えていく国ですから、GDPに直結して成長していく可能性があります。今後に期待ですね。

なお、業績は、売上、営業利益とも成長する予想が出ています。地道に保有していこうと思っています。

この記事は参考になりましたか?

少しでも参考になればSNSでシェアしてもらうと嬉しいです。
   ↓ ↓ ↓

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

0 件のコメント:

コメントを投稿