ラベル

ファンダメンタルズ投資 (178) 米国株 (153) バリュー投資 (149) 財務諸表を読もう (121) 成長株投資 (109) 資本家 (108) 不労所得を得る (107) 個別銘柄分析 (106) 配当を得る (100) 中国株 (92) 高配当投資 (84) 労働者 (79) 経営 (79) 会計 (76) バブル・暴落 (68) 書籍 (64) インドネシア株 (63) マレーシア株 (51) アルゼンチン株式 (49) 節約術 (38) テクニカル投資 (33) 街角経済 (33) ロシア株 (32) 組入銘柄 (30) 家計簿 (27) ローン返済 (23) 名古屋 (15) グランパス (14) MELI (10) PNRA (10) NISA (9) NTES (9) アメーバ経営 (8) 寄付 (8) MO (7) PG (7) ABT (6) DIS (6) JNJ (5) LLY (5) MMM (5) SPY (5) WMT (5) 稲盛和夫 (5) 2202.HK(万科企業) (4) AEO (4) 1066.HK(山東威高集団医用高分子製品) (3) 2328.HK(中国人民財産保険) (3) 6888.KL(AXIATA) (3) GSK (3) ISRG (3) SHAK (3) UNH (3) UNVR.JK (3) 定点観測 (3) 0388.HK(香港交易所) (2) 0857.HK(中国石油天然気) (2) 0867.HK(康哲薬業) (2) 0991.HK(大唐国際発電) (2) 2628.HK(中国人寿保険) (2) 2883.HK(中海油田服務) (2) 900923.SS(上海百聯集団) (2) INDF.JK (2) KLBF.JK (2) MCO (2) V (2) VOO (2) 0525.HK(広深鉄路) (1) 0576.HK(浙江高速道路) (1) 0837.HK(譚木匠) (1) 0956.HK(新天緑色能源) (1) 1398.HK(中国工商銀行) (1) 2039.HK(中国国際コンテナ) (1) 8664.KL(SP SETIA) (1) AXP (1) BBRI.JK (1) BRK-B (1) MA (1) MANU (1) TLKM.JK (1) カルガモ親子投資法 (1) 出版 (1)

2015年2月7日土曜日

Mercadolibre, Inc. (MELI)2 銘柄紹介 --南米の楽天、メルカドリブレの財務状況を押さえておきましょう

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ この記事に共感いただけたらクリックを!m(__)m

前回、「配当が出ました」でメルカドリブレの紹介をしました。今回はこの南米の雄、メルカドリブレの財務状況を見てみましょう。

売上はかなりの成長を見せています。右肩上がり。
IT系の企業だけあって粗利はかなり高いレベルです。営業利益もかなり高いです。あと安定的なのが非常に良い。
ROEもかなり高いですね。資本をうまく使っているのが分かります。
費用は原価率が低い業界なので良い事業なのが分かりますが、少し増えている傾向のようです。R&Dをそれなりにやっているのが意外でした。
在庫はない業界。こういう業界は心配の種が一つ無いので、リスクが低い事業であると分かります。
回転率系は、売掛金の効率が落ちていて、買掛が少し良くなっています。僅かな数字の変化なので今後も注視です。
利息は少ないですので、カバー率はかなり高いです。やっぱり情報系は低資本でできるので、借り入れも少なくて済むようですね。良い事業です。
短期資金は傾向としてかなり悪くなっています。ただ、悪いという程でもないので、今後に注意です。
長期負債としては借り入れがかなり少ないです。自己資本の充実ぶりが明らかです。
長期固定適合率もかなり良いですね。やはりハードウェアがそれほど必要ない業界ですので、顕著に数字に現れますね。
配当も率的に増配傾向です。嬉しいですね。


キャッシュ・フローは、「+」「-」「-」で3年間推移しています。営業キャッシュフローの伸びもあり本業も良いですし、投資キャッシュフローから投資も安定的に行われているのが見て取れます。財務キャッシュフローもわずかにあり、借り入れも返しつつある状況です。
総合的に見て、財務状況はだいぶ良いようです。
あとは、外部環境の市場環境がよく成長が継続するようなら、投資先として中長期的にも良いかと思います。

関連記事:

この記事は参考になりましたか?

少しでも参考になればSNSでシェアしてもらうと嬉しいです。
   ↓ ↓ ↓

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

0 件のコメント:

コメントを投稿