ラベル

ファンダメンタルズ投資 (172) 米国株 (146) バリュー投資 (141) 財務諸表を読もう (115) 個別銘柄分析 (104) 成長株投資 (104) 資本家 (103) 不労所得を得る (102) 配当を得る (96) 中国株 (86) 高配当投資 (79) 経営 (78) 会計 (76) 労働者 (74) バブル・暴落 (65) 書籍 (62) インドネシア株 (56) マレーシア株 (49) アルゼンチン株式 (47) 節約術 (37) ロシア株 (32) 街角経済 (32) テクニカル投資 (30) 組入銘柄 (28) 家計簿 (27) ローン返済 (23) 名古屋 (15) グランパス (14) MELI (10) PNRA (10) NTES (9) NISA (8) アメーバ経営 (8) MO (7) PG (7) 寄付 (7) ABT (6) DIS (6) JNJ (5) LLY (5) MMM (5) SPY (5) WMT (5) 稲盛和夫 (5) AEO (4) 1066.HK(山東威高集団医用高分子製品) (3) 2328.HK(中国人民財産保険) (3) 6888.KL(AXIATA) (3) GSK (3) SHAK (3) UNH (3) UNVR.JK (3) 0388.HK(香港交易所) (2) 0857.HK(中国石油天然気) (2) 0867.HK(康哲薬業) (2) 0991.HK(大唐国際発電) (2) 2202.HK(万科企業) (2) 2628.HK(中国人寿保険) (2) 2883.HK(中海油田服務) (2) 900923.SS(上海百聯集団) (2) INDF.JK (2) ISRG (2) KLBF.JK (2) MCO (2) V (2) VOO (2) 0525.HK(広深鉄路) (1) 0576.HK(浙江高速道路) (1) 0837.HK(譚木匠) (1) 0956.HK(新天緑色能源) (1) 1398.HK(中国工商銀行) (1) 2039.HK(中国国際コンテナ) (1) 8664.KL(SP SETIA) (1) AXP (1) BBRI.JK (1) BRK-B (1) MA (1) MANU (1) カルガモ親子投資法 (1) 出版 (1) 定点観測 (1)

2015年4月24日金曜日

GlaxoSmithKline plc (GSK)2 配当が出ました --世界第6位の製薬企業ですが本業に陰りが見えます

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ この記事に共感いただけたらクリックを!m(__)m

グラクソ・スミスクライン、GlaxoSmithKline plc (GSK)の2015年第1四半期配当が出ました。
予想配当利回りが、現時点で5.90%の高配当銘柄の筆頭ですが、足元の事業は少しおぼつかない状態です。
見ていきましょう。

まずは、売上と各種利益。
売上は、2014年で大きく下げています。本業の競争の厳しさが原因と発表されています。

現在製薬業は、全業界的にパテント切れの時期を迎えており、また新薬開発が業界全体でなかなか進まない状況です。すでに開発しやすい新薬は開発し尽くすされ、難病と言われる新薬開発が難しい物だけが残っており、新薬の創出が進まないのが現状です。

損益分岐点については、下の図のように2014年度で上がってしまっています。固定費があまり増減がないようなので、変動費率の上昇が原因でしょう。良い傾向ではないですね。


全体的に高配当なのはいいのですが、本業がジリ貧となるのは問題です。EPSの伸びがなく、株価が抑えられるようでは、株式投資をしている意味が無いので、少しでも事業成長はしていってほしいものです。
もう数年は我慢して付き合っていくことも必要ですが、本業による利益成長が見込めなくなるようでしたら、対応を考えたほうが良いかもしれませんね。(T_T)

関連記事:

この記事は参考になりましたか?

少しでも参考になればSNSでシェアしてもらうと嬉しいです。
   ↓ ↓ ↓

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

0 件のコメント:

コメントを投稿