ラベル

ファンダメンタルズ投資 (172) 米国株 (146) バリュー投資 (142) 財務諸表を読もう (115) 個別銘柄分析 (104) 成長株投資 (104) 資本家 (104) 不労所得を得る (102) 配当を得る (96) 中国株 (86) 高配当投資 (79) 経営 (78) 会計 (76) 労働者 (75) バブル・暴落 (65) 書籍 (63) インドネシア株 (56) マレーシア株 (49) アルゼンチン株式 (47) 節約術 (37) ロシア株 (32) 街角経済 (32) テクニカル投資 (30) 組入銘柄 (28) 家計簿 (27) ローン返済 (23) 名古屋 (15) グランパス (14) MELI (10) PNRA (10) NTES (9) NISA (8) アメーバ経営 (8) MO (7) PG (7) 寄付 (7) ABT (6) DIS (6) JNJ (5) LLY (5) MMM (5) SPY (5) WMT (5) 稲盛和夫 (5) AEO (4) 1066.HK(山東威高集団医用高分子製品) (3) 2328.HK(中国人民財産保険) (3) 6888.KL(AXIATA) (3) GSK (3) SHAK (3) UNH (3) UNVR.JK (3) 0388.HK(香港交易所) (2) 0857.HK(中国石油天然気) (2) 0867.HK(康哲薬業) (2) 0991.HK(大唐国際発電) (2) 2202.HK(万科企業) (2) 2628.HK(中国人寿保険) (2) 2883.HK(中海油田服務) (2) 900923.SS(上海百聯集団) (2) INDF.JK (2) ISRG (2) KLBF.JK (2) MCO (2) V (2) VOO (2) 0525.HK(広深鉄路) (1) 0576.HK(浙江高速道路) (1) 0837.HK(譚木匠) (1) 0956.HK(新天緑色能源) (1) 1398.HK(中国工商銀行) (1) 2039.HK(中国国際コンテナ) (1) 8664.KL(SP SETIA) (1) AXP (1) BBRI.JK (1) BRK-B (1) MA (1) MANU (1) カルガモ親子投資法 (1) 出版 (1) 定点観測 (1)

2015年4月29日水曜日

Mercadolibre, Inc. (MELI)3 配当が出ました --南米の楽天、メルカドリブレのキャッシュ・フローを見る

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ この記事に共感いただけたらクリックを!m(__)m

メルカドリブレMercadolibre, Inc. (MELI)の2015年第1四半期の配当が出ました。

メルカドリブレは「南米の楽天」と呼ばれており、中南米で大規模にeコマースサイトを運用しているIT会社です。

ウォーターフォールチャートの様相を4期に渡ってみてみます。
いつもご紹介する米国の安定した会社に比べて、メルカドリブレはこの4期で大きな変革をしています。

2011年と2012年は、上記の通り、同じような投資をしています。純利益のかなりの部分になりますが、投資でキャッシュを使っています。

2013年になると、設備投資の出費が大きくなっていますね。ECサイトの増強を行ったのでしょうか?ハードウェアが必要な業界ですから、それなりの投資をしています。
2014年も設備投資がかさんでいます。この年は純利が少なかったのですが、キャッシュアウトがマイナスになるくらいに投資をしています。それを補填するように、借入金が増えていますね。

この投資を裏付けるように、財務諸表の収益性にも現れています。

売上は右肩上がりに成長しています。しかしながら、利益は利益率において低下傾向です。
その内訳の費用を見てみると、売上原価が上がっています。変動費の上昇が利益圧迫の要因のようです。

売上が好調なだけに今後の伸びに期待したいところです。ここ数年の設備投資が、将来の利益の源泉となってくると嬉しいですね。

この記事は参考になりましたか?

少しでも参考になればSNSでシェアしてもらうと嬉しいです。
   ↓ ↓ ↓

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

0 件のコメント:

コメントを投稿