ラベル

ファンダメンタルズ投資 (178) 米国株 (153) バリュー投資 (149) 財務諸表を読もう (121) 成長株投資 (109) 資本家 (108) 不労所得を得る (107) 個別銘柄分析 (106) 配当を得る (100) 中国株 (92) 高配当投資 (84) 労働者 (79) 経営 (79) 会計 (76) バブル・暴落 (68) 書籍 (64) インドネシア株 (63) マレーシア株 (51) アルゼンチン株式 (49) 節約術 (38) テクニカル投資 (33) 街角経済 (33) ロシア株 (32) 組入銘柄 (30) 家計簿 (27) ローン返済 (23) 名古屋 (15) グランパス (14) MELI (10) PNRA (10) NISA (9) NTES (9) アメーバ経営 (8) 寄付 (8) MO (7) PG (7) ABT (6) DIS (6) JNJ (5) LLY (5) MMM (5) SPY (5) WMT (5) 稲盛和夫 (5) 2202.HK(万科企業) (4) AEO (4) 1066.HK(山東威高集団医用高分子製品) (3) 2328.HK(中国人民財産保険) (3) 6888.KL(AXIATA) (3) GSK (3) ISRG (3) SHAK (3) UNH (3) UNVR.JK (3) 定点観測 (3) 0388.HK(香港交易所) (2) 0857.HK(中国石油天然気) (2) 0867.HK(康哲薬業) (2) 0991.HK(大唐国際発電) (2) 2628.HK(中国人寿保険) (2) 2883.HK(中海油田服務) (2) 900923.SS(上海百聯集団) (2) INDF.JK (2) KLBF.JK (2) MCO (2) V (2) VOO (2) 0525.HK(広深鉄路) (1) 0576.HK(浙江高速道路) (1) 0837.HK(譚木匠) (1) 0956.HK(新天緑色能源) (1) 1398.HK(中国工商銀行) (1) 2039.HK(中国国際コンテナ) (1) 8664.KL(SP SETIA) (1) AXP (1) BBRI.JK (1) BRK-B (1) MA (1) MANU (1) TLKM.JK (1) カルガモ親子投資法 (1) 出版 (1)

2015年4月12日日曜日

Wal-Mart Stores Inc. (WMT)3 配当がでました --安定的な成長を見せる世界的小売企業

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ この記事に共感いただけたらクリックを!m(__)m

Wal-Mart Stores Inc. (WMT)の2014年第4四半期の配当が出ました。予想配当利回りは2.40%。PERは約15.97倍となっています。安定的に成長していますので、今回は財務状況をチェックしてみましょう。

まずは、収益と利益。規模が大きいので安定的な収益を得ています。利益の質としては、小売業ということもあり、利幅が薄いですね。粗利で25%、営業利益で5~6%は少なく感じますが、規模の経済性を要求される業界ですので、一度大きくなり安定すると利益のボリュームを取りやすくなります。

費用は当然に原価率が高くなります。費用もほとんど変化なしです。
在庫は高知では重要な要素です。これも9%台で、横ばいです。
このグラフからは読み取るのが難しいですが、売掛と買掛のサイト差が大きいので資金回収面はかなり優秀だと思われます。
借入金による利息もほとんど変わりがありませんね。
現預金は割合が少ないのですね。小売業はこんなものなんでしょうか?
長期負債は大きく減っていますね。いい傾向です。
配当は前年度からかなり配当性向を挙げています。純利が伸びてきているので良い傾向です。

負債が減った分、財務レバレッジが大きく改善されています。良い傾向です。

 全般的に見て、安定的、かつ微成長していますので、当面は心配はないでしょう。
株価自体はそれほど割高でも割安でもない水準ですので、購入は見送ったほうが良いですが、大きく下げるシーンがあれば買って良いと思います。

関連記事:

この記事は参考になりましたか?

少しでも参考になればSNSでシェアしてもらうと嬉しいです。
   ↓ ↓ ↓

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

0 件のコメント:

コメントを投稿