ラベル

ファンダメンタルズ投資 (165) 米国株 (138) バリュー投資 (135) 財務諸表を読もう (111) 個別銘柄分析 (103) 資本家 (103) 不労所得を得る (101) 成長株投資 (100) 配当を得る (94) 中国株 (82) 経営 (78) 高配当投資 (78) 会計 (75) 労働者 (74) バブル・暴落 (64) 書籍 (60) インドネシア株 (51) マレーシア株 (45) アルゼンチン株式 (44) 節約術 (34) 街角経済 (31) ロシア株 (30) テクニカル投資 (27) 家計簿 (26) 組入銘柄 (26) ローン返済 (23) 名古屋 (15) グランパス (14) MELI (10) NTES (9) PNRA (9) NISA (8) アメーバ経営 (8) MO (7) PG (7) ABT (6) DIS (6) 寄付 (6) JNJ (5) LLY (5) MMM (5) SPY (5) WMT (5) 稲盛和夫 (5) AEO (4) 1066.HK(山東威高集団医用高分子製品) (3) 2328.HK(中国人民財産保険) (3) 6888.KL(AXIATA) (3) GSK (3) UNH (3) UNVR.JK (3) 0388.HK(香港交易所) (2) 0857.HK(中国石油天然気) (2) 0867.HK(康哲薬業) (2) 0991.HK(大唐国際発電) (2) 2202.HK(万科企業) (2) 2628.HK(中国人寿保険) (2) 2883.HK(中海油田服務) (2) 900923.SS(上海百聯集団) (2) INDF.JK (2) ISRG (2) KLBF.JK (2) MCO (2) SHAK (2) V (2) VOO (2) 0525.HK(広深鉄路) (1) 0576.HK(浙江高速道路) (1) 0837.HK(譚木匠) (1) 0956.HK(新天緑色能源) (1) 1398.HK(中国工商銀行) (1) 2039.HK(中国国際コンテナ) (1) 8664.KL(SP SETIA) (1) AXP (1) BBRI.JK (1) BRK-B (1) MA (1) MANU (1) カルガモ親子投資法 (1) 出版 (1)

2015年5月17日日曜日

「リスクを取らないリスク」 読了 --右肩上がりの経済成長、人口ボーナスが終わった日本で、ほんとうの意味のリスクテイクが問われています

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ 共感いただけたらクリックを!m(__)m →☆今こんな順位にいます

当書籍は、少し国の勢いが無くなってきている現在の日本において、今後はリスクを取らないと生活自体の質が下がっていくことを認識できるよう、警鐘を鳴らしている一冊です。

著者は、銀行での為替ディーラー、海外勤務を経て、ニューヨークで投資顧問会社を運営している凄腕な方です。日本のこれまでの経済成長、バブル崩壊を目の当たりにしてきている方なので、現在の日本が置かれた位置を冷静に判断しています。その上で、今後の暮らし方について、「資本主義の本質がリスクを取った者にご褒美がある」ことを説いて、より適切にリスクを取った生き方を提唱しています。

この本の面白いところは、日本における現在のリスクを具体的に示しているところです。具体的なリスクとして、「日本のさらなる資本主義化」の章では、経済がグルーバル化している中で日本がこれまでのようにリスクを毛嫌いして生きていくことはできないことを示しています。その次の章では、「格差」が広がることを予想し、リスクを取らない者が報われることがないことを示します。その他のリスクとして、円安、年金カットが挙げられています。

このようなことは、普通に考えれば起きることが予想され、起きないと考えるほうがおかしいのであって、今後はこのようなショッキングな経済出来事も織り込んで、対策を考えていかないといけません。

さて、私の投資戦略にも、日本の財政状況からいつかは必ず破綻もしくは破綻気味な状況になることを前提としています。これまで各国で国債が破綻した時、どの国も必ず厳しいインフレと通貨安、株安に見舞われています。この前提ですと、私の投資戦略でも実践されていますが、海外で資産を持つ、インフレに強い株式で保有する、というのが自然な発想になってきます。

話を戻して、書評ですが、この本のもう一つ面白いところは、最後の章に、お金で出来ない「リスクを取らないリスク」対策というのがあります。この章はなかなかの面白さで、その前の章がお金で出来る対策ということである意味ハード対策的な面を説明していますが、この章ではより精神的なソフト面な対策を示しています。
具体的には、
  • 人生のキャリアを考える
  • 好きなことをやる
  • 他人ができないことをやる
  • 体力、健康
  • 胆力
などが説明されており、お金の対策以外にも「やり甲斐」に関する説明となっています。

やはり人生お金だけではありませんので、お金以外にも何かを見つけていくのは楽しいことだし、大事なことですね。

関連記事:

この記事は参考になりましたか?

少しでも参考になればSNSでシェアしてもらうと嬉しいです。
   ↓ ↓ ↓

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

0 件のコメント:

コメントを投稿