ラベル

ファンダメンタルズ投資 (172) 米国株 (146) バリュー投資 (141) 財務諸表を読もう (115) 個別銘柄分析 (104) 成長株投資 (104) 資本家 (103) 不労所得を得る (102) 配当を得る (96) 中国株 (86) 高配当投資 (79) 経営 (78) 会計 (76) 労働者 (74) バブル・暴落 (65) 書籍 (62) インドネシア株 (56) マレーシア株 (49) アルゼンチン株式 (47) 節約術 (37) ロシア株 (32) 街角経済 (32) テクニカル投資 (30) 組入銘柄 (28) 家計簿 (27) ローン返済 (23) 名古屋 (15) グランパス (14) MELI (10) PNRA (10) NTES (9) NISA (8) アメーバ経営 (8) MO (7) PG (7) 寄付 (7) ABT (6) DIS (6) JNJ (5) LLY (5) MMM (5) SPY (5) WMT (5) 稲盛和夫 (5) AEO (4) 1066.HK(山東威高集団医用高分子製品) (3) 2328.HK(中国人民財産保険) (3) 6888.KL(AXIATA) (3) GSK (3) SHAK (3) UNH (3) UNVR.JK (3) 0388.HK(香港交易所) (2) 0857.HK(中国石油天然気) (2) 0867.HK(康哲薬業) (2) 0991.HK(大唐国際発電) (2) 2202.HK(万科企業) (2) 2628.HK(中国人寿保険) (2) 2883.HK(中海油田服務) (2) 900923.SS(上海百聯集団) (2) INDF.JK (2) ISRG (2) KLBF.JK (2) MCO (2) V (2) VOO (2) 0525.HK(広深鉄路) (1) 0576.HK(浙江高速道路) (1) 0837.HK(譚木匠) (1) 0956.HK(新天緑色能源) (1) 1398.HK(中国工商銀行) (1) 2039.HK(中国国際コンテナ) (1) 8664.KL(SP SETIA) (1) AXP (1) BBRI.JK (1) BRK-B (1) MA (1) MANU (1) カルガモ親子投資法 (1) 出版 (1) 定点観測 (1)

2015年6月28日日曜日

大阪都構想と取引費用 --大阪都構想がコースの定理ベースで解説されているブログを見つけました

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ 共感いただけたらクリックを!m(__)m →☆今こんな順位にいます

面白いブログを見つけましたので、ご紹介。

「「コースの定理」で見る大阪都構想」
http://blog.livedoor.jp/yagena/archives/50929491.html

大阪都構想の発想がコースの定理の取引コストにあるのでは、という内容です。

コースの定理は経済学の中で出てくる定理ですが、まずコースの定理を説明する前に「外部性」について。
外部性というのは、経済活動が自分自身だけ(内部)の活動ではなく、外部に影響を与えることで、さらに自分自身に返ってきたり、逆に不経済な状況を生むという状態です。
例えば、ネットワークの外部性という言葉がありますが、電話やパソコンOSは少ない人が利用している状況では利便が少ないですが、多くの人が利用するようになると(その個人の努力とは関係なく)、経済性が高まり利便が向上する状態です。
この事例では、利便が向上する話ですが、逆に公害などは外部性によって社会的便益が減少する状況です。これを外部不経済といいます。

さて、この外部不経済を解消するには、ピグー税などのインセンティブを与える方式で解決することができるのですが、コースの定理は、このようなインセンティブを当事者が交渉することによって解決ができるということを示した定理です。
ただ、条件があって、この交渉事のコスト(取引コスト)がないという理想的な条件下の話になっています。

以上を踏まえて、このブログでは、大阪都構想の状況を、橋下市長が府知事と市長の両方を経験したことにより、両者の取引コスト(交渉事)が非常に高く付くことを直感的に読み取り、最適なサイズの区割りにしようとしたのでは、考えています。
  • 府民、市民のそれぞれの立場で最適な行政を行うと、非常にムダが多い(橋下さんが強調していた二重行政コスト)
  • ただし、コースの定理を踏まえると、交渉事によって解決可能である
  • コースの定理の前提は取引コスト0が条件なのだが、今の状況はむしろ府と市の取引コストが以上に高い
  • そこでこの取引コストを下げる政策を考えた
ということですね。

今回のホットな大阪都構想の話題を、コースの定理の条件という切り口から論じた非常に面白い考え方でした。

関連記事:



この記事は参考になりましたか?

少しでも参考になればSNSでシェアしてもらうと嬉しいです。
   ↓ ↓ ↓

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

0 件のコメント:

コメントを投稿