ラベル

ファンダメンタルズ投資 (165) 米国株 (138) バリュー投資 (135) 財務諸表を読もう (111) 個別銘柄分析 (103) 資本家 (103) 不労所得を得る (101) 成長株投資 (100) 配当を得る (94) 中国株 (82) 経営 (78) 高配当投資 (78) 会計 (75) 労働者 (74) バブル・暴落 (64) 書籍 (60) インドネシア株 (51) マレーシア株 (45) アルゼンチン株式 (44) 節約術 (34) 街角経済 (31) ロシア株 (30) テクニカル投資 (27) 家計簿 (26) 組入銘柄 (26) ローン返済 (23) 名古屋 (15) グランパス (14) MELI (10) NTES (9) PNRA (9) NISA (8) アメーバ経営 (8) MO (7) PG (7) ABT (6) DIS (6) 寄付 (6) JNJ (5) LLY (5) MMM (5) SPY (5) WMT (5) 稲盛和夫 (5) AEO (4) 1066.HK(山東威高集団医用高分子製品) (3) 2328.HK(中国人民財産保険) (3) 6888.KL(AXIATA) (3) GSK (3) UNH (3) UNVR.JK (3) 0388.HK(香港交易所) (2) 0857.HK(中国石油天然気) (2) 0867.HK(康哲薬業) (2) 0991.HK(大唐国際発電) (2) 2202.HK(万科企業) (2) 2628.HK(中国人寿保険) (2) 2883.HK(中海油田服務) (2) 900923.SS(上海百聯集団) (2) INDF.JK (2) ISRG (2) KLBF.JK (2) MCO (2) SHAK (2) V (2) VOO (2) 0525.HK(広深鉄路) (1) 0576.HK(浙江高速道路) (1) 0837.HK(譚木匠) (1) 0956.HK(新天緑色能源) (1) 1398.HK(中国工商銀行) (1) 2039.HK(中国国際コンテナ) (1) 8664.KL(SP SETIA) (1) AXP (1) BBRI.JK (1) BRK-B (1) MA (1) MANU (1) カルガモ親子投資法 (1) 出版 (1)

2015年6月6日土曜日

Wal-Mart Stores Inc. (WMT)4 配当がでました --ウォルマートの効率性、仕入れ・在庫・売掛の関係について

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ 共感いただけたらクリックを!m(__)m →☆今こんな順位にいます

Wal-Mart Stores Inc. (WMT)の2015年第1四半期の配当が出ました。

今回は、小売業でもあるウォルマートの資金の効率性をみていこうと思います。


グラフは、プラス方向に棚卸資産の回転日数、売上債権の回転日数、マイナス方向に仕入債務の回転日数を示しています。
よって、プラス方向には、①仕入れてから実際に売れるまでの在庫期間、②売り上げてから入金があるまでの資金回収期間が入っています。この期間は短ければ短いほど資金効率がよく、あまりにも長くなると在庫の廃棄による廃棄ロスが生じてしまいます。
マイナス方向の仕入債務の回転日数は、仕入れてから買掛の支払いまでの期間ですのでできるだけ長くなればなるほど企業としては美味しいことになります。

総合的に言えば、このプラマイがマイナスであれば、企業は仕入れ業者に支払いをするよりも早く顧客から資金回収・入金を受けているので、資金繰りが安定する状況です。

ウォルマートの場合、大企業であるにもかかわらずこの資金回収サイト差がマイナスを維持していますので、非常に優秀で、安定的な経営をしているとみていいと思います。
小売業の場合、実物のものを売っていますので、この効率性を適正化することが非常に重要になってきます。

企業は、安く仕入れて高く売ることを基本としていますが、在庫を持たざるをえない企業は、時間軸方向に「早く売る」ことも重要なのですね。

関連記事:

この記事は参考になりましたか?

少しでも参考になればSNSでシェアしてもらうと嬉しいです。
   ↓ ↓ ↓

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

0 件のコメント:

コメントを投稿