ラベル

ファンダメンタルズ投資 (172) 米国株 (145) バリュー投資 (141) 財務諸表を読もう (115) 個別銘柄分析 (104) 成長株投資 (104) 資本家 (103) 不労所得を得る (102) 配当を得る (96) 中国株 (85) 高配当投資 (79) 経営 (78) 会計 (76) 労働者 (74) バブル・暴落 (65) 書籍 (62) インドネシア株 (55) マレーシア株 (48) アルゼンチン株式 (46) 節約術 (37) 街角経済 (32) ロシア株 (31) テクニカル投資 (30) 組入銘柄 (28) 家計簿 (27) ローン返済 (23) 名古屋 (15) グランパス (14) MELI (10) PNRA (10) NTES (9) NISA (8) アメーバ経営 (8) MO (7) PG (7) 寄付 (7) ABT (6) DIS (6) JNJ (5) LLY (5) MMM (5) SPY (5) WMT (5) 稲盛和夫 (5) AEO (4) 1066.HK(山東威高集団医用高分子製品) (3) 2328.HK(中国人民財産保険) (3) 6888.KL(AXIATA) (3) GSK (3) SHAK (3) UNH (3) UNVR.JK (3) 0388.HK(香港交易所) (2) 0857.HK(中国石油天然気) (2) 0867.HK(康哲薬業) (2) 0991.HK(大唐国際発電) (2) 2202.HK(万科企業) (2) 2628.HK(中国人寿保険) (2) 2883.HK(中海油田服務) (2) 900923.SS(上海百聯集団) (2) INDF.JK (2) ISRG (2) KLBF.JK (2) MCO (2) V (2) VOO (2) 0525.HK(広深鉄路) (1) 0576.HK(浙江高速道路) (1) 0837.HK(譚木匠) (1) 0956.HK(新天緑色能源) (1) 1398.HK(中国工商銀行) (1) 2039.HK(中国国際コンテナ) (1) 8664.KL(SP SETIA) (1) AXP (1) BBRI.JK (1) BRK-B (1) MA (1) MANU (1) カルガモ親子投資法 (1) 出版 (1) 定点観測 (1)

2015年9月5日土曜日

2014年の配当収入まとめ --EPSの伸びを意識したら、配当も少しずつ成長しました

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ 共感いただけたらクリックを!m(__)m →☆今こんな順位にいます

2014年本決算を踏まえた配当が出揃いました。
わたしの投資方針としては、「組入銘柄 2015年8月 --まだまだ暴落は続きます。ここは静観の一手ですね」のように、中国株式から、米国株式やその他の新興国に主軸を移している状況です。投資戦略的にも2年ほど前は、国の成長に合わせた成長株投資をメインとしていましたが、ここのところはばらつきを抑えるべく、米国株式中心で高配当銘柄にシフトさせています。

その投資戦略を反映しているかどうかわかりませんが、私の持ち株の配当は順調に成長しています。
まず、配当収入全体の伸びですが、上記の通り、リーマンショックの落ち込みから順調に伸びてきています。
まあ、ちょうど今は中国バブルが弾けつつあるので、来年の配当は、企業業績の落ち込みに連動してかなり悪い状況になるでしょう。ただ、現在のところ、1/3ほどの資産を米国資産に移し替えましたので、超エレガントとはいえませんが、それなりにリスクを回避した効果が出るものと思われます。
次に配当利回りです。ここ数年は2%前後で回っています。3%くらいを目標にしていたのですが、あまり欲張るとポートフォリオのほとんどが高配当株式になってしまうので、バランス的にはこれでベストかなと思っています。
次に前年からの配当収入の伸び率をグラフにしてみました。対前年でだいたい15%から35%で増えています(2015年は今、配当が入りつつあるので、-90%は途中経過)。上々の成果だと思っています。

今後は、中国の終焉や、日本国債バブルが弾けたりしていくと思いますので、5年から10年は仕込みの時期に入ると思っています。おそらく、株式からは資金が引き上げられていくと思いますので、当面資産が大きく増えることはないでしょう。これから先、5年間でどれくらいうまく仕込めるかがその先の成果を左右するので、リーマンショックの時、同様、謙虚に買い進めたいと思っています。

関連記事:

この記事は参考になりましたか?

少しでも参考になればSNSでシェアしてもらうと嬉しいです。
   ↓ ↓ ↓

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

0 件のコメント:

コメントを投稿