ラベル

ファンダメンタルズ投資 (165) 米国株 (138) バリュー投資 (136) 財務諸表を読もう (112) 個別銘柄分析 (103) 資本家 (103) 不労所得を得る (101) 成長株投資 (100) 配当を得る (94) 中国株 (82) 経営 (78) 高配当投資 (78) 会計 (76) 労働者 (74) バブル・暴落 (64) 書籍 (60) インドネシア株 (51) マレーシア株 (45) アルゼンチン株式 (44) 節約術 (35) 街角経済 (32) ロシア株 (30) テクニカル投資 (27) 家計簿 (27) 組入銘柄 (26) ローン返済 (23) 名古屋 (15) グランパス (14) MELI (10) NTES (9) PNRA (9) NISA (8) アメーバ経営 (8) MO (7) PG (7) ABT (6) DIS (6) 寄付 (6) JNJ (5) LLY (5) MMM (5) SPY (5) WMT (5) 稲盛和夫 (5) AEO (4) 1066.HK(山東威高集団医用高分子製品) (3) 2328.HK(中国人民財産保険) (3) 6888.KL(AXIATA) (3) GSK (3) UNH (3) UNVR.JK (3) 0388.HK(香港交易所) (2) 0857.HK(中国石油天然気) (2) 0867.HK(康哲薬業) (2) 0991.HK(大唐国際発電) (2) 2202.HK(万科企業) (2) 2628.HK(中国人寿保険) (2) 2883.HK(中海油田服務) (2) 900923.SS(上海百聯集団) (2) INDF.JK (2) ISRG (2) KLBF.JK (2) MCO (2) SHAK (2) V (2) VOO (2) 0525.HK(広深鉄路) (1) 0576.HK(浙江高速道路) (1) 0837.HK(譚木匠) (1) 0956.HK(新天緑色能源) (1) 1398.HK(中国工商銀行) (1) 2039.HK(中国国際コンテナ) (1) 8664.KL(SP SETIA) (1) AXP (1) BBRI.JK (1) BRK-B (1) MA (1) MANU (1) カルガモ親子投資法 (1) 出版 (1)

2015年9月13日日曜日

China International Marine Containers Group Co. Ltd.(2039.HK) 配当が出ました --中国のコンテナ会社、中国の経済成長に伴い大きくなってきましたが正念場を迎えています

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ 共感いただけたらクリックを!m(__)m →☆今こんな順位にいます

中国国際コンテナ(China International Marine Containers Group Co. Ltd.)の2014年本決算の配当が出ました。
現時点での配当利回りは、2.69%でまあまあの利回りとなっています。
PERは12倍程度で割安株の部類でしょうか。この会社の株式はだいたいこれくらいの株価収益率で回っています。

この会社も、他の中国株同様10年ほど保有していて、3倍ほどの株価になっています。
昔は、中国の好景気に支えられコンテナ製造の需要も逼迫していましたので、好業績となっていました。現在は、少し事業を多角化して大きな会社になったので、安定した利益を出している状況です。

今日は業績を見ていきましょう。
収益力ですが、売上は、まあ安定的に推移しています。利益率(特に粗利益率)が少し下がってきているのが気になりますね。
資金繰りですが、流動比率は100%を超えていて合格ですが、当座比率はもうちょっと上がっていて欲しいところです。コンテナ等の在庫が過剰でないことを願うところです。

キャッシュフローですが、営業キャッシュフロー(玉の大きさ)は、順調に成長していて、本業が校長のようです。ここ大事です。
投資キャッシュフロー(横軸)は、マイナスでこちらも順調に投資にお金を使っていることが伺えます。
財務キャッシュフロー(縦軸)は、概ね借入をしているようで、額も安定的にですので、返済できる範囲なのでしょう。

この会社の業種は、これから花型というわけではありませんが、この会社は無理ない事業展開をしていて保有するには問題無いでしょう。
ただ、今後は中国株自体に問題が出てきますので、購入は避けたほうが良さそうです。


関連記事:





この記事は参考になりましたか?

少しでも参考になればSNSでシェアしてもらうと嬉しいです。
   ↓ ↓ ↓

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

0 件のコメント:

コメントを投稿