ラベル

ファンダメンタルズ投資 (178) 米国株 (153) バリュー投資 (149) 財務諸表を読もう (121) 成長株投資 (109) 資本家 (108) 不労所得を得る (107) 個別銘柄分析 (106) 配当を得る (100) 中国株 (92) 高配当投資 (84) 労働者 (79) 経営 (79) 会計 (76) バブル・暴落 (68) 書籍 (64) インドネシア株 (63) マレーシア株 (51) アルゼンチン株式 (49) 節約術 (38) テクニカル投資 (33) 街角経済 (33) ロシア株 (32) 組入銘柄 (30) 家計簿 (27) ローン返済 (23) 名古屋 (15) グランパス (14) MELI (10) PNRA (10) NISA (9) NTES (9) アメーバ経営 (8) 寄付 (8) MO (7) PG (7) ABT (6) DIS (6) JNJ (5) LLY (5) MMM (5) SPY (5) WMT (5) 稲盛和夫 (5) 2202.HK(万科企業) (4) AEO (4) 1066.HK(山東威高集団医用高分子製品) (3) 2328.HK(中国人民財産保険) (3) 6888.KL(AXIATA) (3) GSK (3) ISRG (3) SHAK (3) UNH (3) UNVR.JK (3) 定点観測 (3) 0388.HK(香港交易所) (2) 0857.HK(中国石油天然気) (2) 0867.HK(康哲薬業) (2) 0991.HK(大唐国際発電) (2) 2628.HK(中国人寿保険) (2) 2883.HK(中海油田服務) (2) 900923.SS(上海百聯集団) (2) INDF.JK (2) KLBF.JK (2) MCO (2) V (2) VOO (2) 0525.HK(広深鉄路) (1) 0576.HK(浙江高速道路) (1) 0837.HK(譚木匠) (1) 0956.HK(新天緑色能源) (1) 1398.HK(中国工商銀行) (1) 2039.HK(中国国際コンテナ) (1) 8664.KL(SP SETIA) (1) AXP (1) BBRI.JK (1) BRK-B (1) MA (1) MANU (1) TLKM.JK (1) カルガモ親子投資法 (1) 出版 (1)

2015年9月19日土曜日

China Vanke Co. Ltd.(2202.HK) 配当が出ました --中国ナンバーワン不動産ディベロッパーだが日が落ちてきている企業

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ 共感いただけたらクリックを!m(__)m →☆今こんな順位にいます

China Vanke Co. Ltd. (2202.HK)、万科企業の2014年本決算を踏まえた配当が出ました。
当企業は、日本で言う三井不動産や三菱地所と言う感じの、中国ナンバーワン不動産ディベロッパーです。
中国株で2番目に購入した株式で、もう10年以上保有しています。
何回か買い増しをしているのですが、株価が古い順から15倍、8倍、7倍、4倍・・・・となっていて、変動はいろいろありましたが、順調に成長してきた企業です。

ただ、これからはそんなことは言ってられない状況だと思います。
中国不動産の需給状態は最悪で、不動産価格を維持するために不透明な処理も行われているので、近い将来中国不動産バブルは弾けるでしょう。日本の様相と似ていますので、ほぼ必ず日本のような足跡をたどると思います。

さてさて、今日は万科企業の財務状況を見ていきましょう。
売上はこk数年でもかなり伸びている助教です。ただ利益率指標が総じて下がってきているのが気になりますね。価格の下落で利幅が減っている可能性があります。

費用は、原価率しかありませんが、やはり上がっています。足元はちょっとつらい状況かもしれません。
ROAはあまり変化がないのですが、利益が減っているところを回転率でカバーしている状況です。

良いデータが少なくて、資料が少なくなってしまって申し訳ないのですが、現状売上は成長していますが、利益は下降局面のようです。バブルが弾けた後にどれくらい持ちこたえられるかが課題ですね。

株価は、市場の敏感な心理を反映しているのか、すでにPERは10倍を切っています。見切りをつけられている可能性があります。

関連記事:

この記事は参考になりましたか?

少しでも参考になればSNSでシェアしてもらうと嬉しいです。
   ↓ ↓ ↓

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

0 件のコメント:

コメントを投稿