ラベル

ファンダメンタルズ投資 (180) 米国株 (160) バリュー投資 (153) 財務諸表を読もう (121) 不労所得を得る (110) 成長株投資 (110) 資本家 (109) 個別銘柄分析 (107) 配当を得る (100) 中国株 (96) 高配当投資 (84) 労働者 (80) 経営 (79) 会計 (77) インドネシア株 (70) バブル・暴落 (68) 書籍 (67) マレーシア株 (55) アルゼンチン株式 (53) 節約術 (40) テクニカル投資 (35) ロシア株 (34) 街角経済 (34) 組入銘柄 (32) 家計簿 (29) ローン返済 (23) 名古屋 (15) グランパス (14) MELI (10) PNRA (10) NISA (9) NTES (9) アメーバ経営 (8) 寄付 (8) MO (7) PG (7) ABT (6) DIS (6) JNJ (5) LLY (5) MMM (5) SPY (5) WMT (5) 定点観測 (5) 稲盛和夫 (5) 2202.HK(万科企業) (4) AEO (4) 1066.HK(山東威高集団医用高分子製品) (3) 2328.HK(中国人民財産保険) (3) 6888.KL(AXIATA) (3) GSK (3) ISRG (3) SHAK (3) UNH (3) UNVR.JK (3) 0388.HK(香港交易所) (2) 0857.HK(中国石油天然気) (2) 0867.HK(康哲薬業) (2) 0991.HK(大唐国際発電) (2) 2628.HK(中国人寿保険) (2) 2883.HK(中海油田服務) (2) 900923.SS(上海百聯集団) (2) BBRI.JK (2) INDF.JK (2) KLBF.JK (2) MCO (2) V (2) VOO (2) 積立投資 (2) 0525.HK(広深鉄路) (1) 0576.HK(浙江高速道路) (1) 0837.HK(譚木匠) (1) 0956.HK(新天緑色能源) (1) 1398.HK(中国工商銀行) (1) 2039.HK(中国国際コンテナ) (1) 8664.KL(SP SETIA) (1) AXP (1) BRK-B (1) MA (1) MANU (1) TLKM.JK (1) TSLA (1) カルガモ親子投資法 (1) 出版 (1)

2015年12月4日金曜日

株式市場のPER --現在の市場は割安か?日経225、NYダウ、ナスダック指数、ハンセン指数、上海総合指数

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ 共感いただけたらクリックを!m(__)m →☆今こんな順位にいます

各国の株式市場のPERが載っているサイトがありましたので、そのデータを元にリーマンショック前からのPERをグラフにしてみました。
対象は、各指数採用銘柄で、
  • 日経225
  • NYダウ
  • ナスダック指数
  • ハンセン指数
  • 上海総合指数
となっています。


全般に2008年のリーマンショック以降は、株式が大幅に売られましたので、PERが10倍付近まで下がっています。この時に特に低PERになったのは、住宅バブルのお膝元の米国市場、変動が激しい香港市場でした。

先日、「米国株式市場のPER(2005年からの10年間) --ここ10年のNY市場の割安性はいかがか?」でも書きましたが、現在の米国市場は一時の急騰から落ち着き再び上昇に転じている状況です。私の現在の投資対象は主に米国企業になっていますが、それほど割安でもないので、慎重にいい時を見極めていきたいと思っています。

その他の市場を眺めますと、香港市場は低迷中、日本株もグダグダです。一方、ナスダック銘柄は買われているようです。

今後のことはどうなるか分かりませんが、バブルの徴候がある中国の株式は避けたほうが良さそうです。米国の安定的な会社や日本株はまあまあといったところでしょうか?

グラフにある中国発の、2015年の急落のように時々暴落が生じていますので、そのようなタイミングでいい会社を購入していくのが良いと思われます。

株式投資は、総じてこんなグダグダというか上がるのか下がるのかわからない状態が70%くらい続きます。こんな時は無理して購入せず、下がったら買う、下がったら買うを続けていくのが良いでしょう。

関連記事:

この記事は参考になりましたか?

少しでも参考になればSNSでシェアしてもらうと嬉しいです。
   ↓ ↓ ↓

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

0 件のコメント:

コメントを投稿