ラベル

ファンダメンタルズ投資 (165) 米国株 (138) バリュー投資 (135) 財務諸表を読もう (111) 個別銘柄分析 (103) 資本家 (103) 不労所得を得る (101) 成長株投資 (100) 配当を得る (94) 中国株 (82) 経営 (78) 高配当投資 (78) 会計 (75) 労働者 (74) バブル・暴落 (64) 書籍 (60) インドネシア株 (51) マレーシア株 (45) アルゼンチン株式 (44) 節約術 (34) 街角経済 (31) ロシア株 (30) テクニカル投資 (27) 家計簿 (26) 組入銘柄 (26) ローン返済 (23) 名古屋 (15) グランパス (14) MELI (10) NTES (9) PNRA (9) NISA (8) アメーバ経営 (8) MO (7) PG (7) ABT (6) DIS (6) 寄付 (6) JNJ (5) LLY (5) MMM (5) SPY (5) WMT (5) 稲盛和夫 (5) AEO (4) 1066.HK(山東威高集団医用高分子製品) (3) 2328.HK(中国人民財産保険) (3) 6888.KL(AXIATA) (3) GSK (3) UNH (3) UNVR.JK (3) 0388.HK(香港交易所) (2) 0857.HK(中国石油天然気) (2) 0867.HK(康哲薬業) (2) 0991.HK(大唐国際発電) (2) 2202.HK(万科企業) (2) 2628.HK(中国人寿保険) (2) 2883.HK(中海油田服務) (2) 900923.SS(上海百聯集団) (2) INDF.JK (2) ISRG (2) KLBF.JK (2) MCO (2) SHAK (2) V (2) VOO (2) 0525.HK(広深鉄路) (1) 0576.HK(浙江高速道路) (1) 0837.HK(譚木匠) (1) 0956.HK(新天緑色能源) (1) 1398.HK(中国工商銀行) (1) 2039.HK(中国国際コンテナ) (1) 8664.KL(SP SETIA) (1) AXP (1) BBRI.JK (1) BRK-B (1) MA (1) MANU (1) カルガモ親子投資法 (1) 出版 (1)

2016年3月27日日曜日

Panera Bread Company (PNRA)5 銘柄紹介 --米国のコメダ珈琲ことパネラブレッド!損益分岐点のお話です。

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ 共感いただけたらクリックを!m(__)m →☆今こんな順位にいます

パネラブレッドの3回目です。
前回2回に渡って、パネラブレッドのキャッシュフローと財務状況を見てきました。こちら↓
今回は、キャッシュフローのバランスと、管理会計的に損益分岐点の推移を見ていきましょう。
キャッシュフローは、「+」「-」「-」。本業で得たお金を、きちんと設備投資に振り分けて成長している様子が分かります。営業キャッシュフローと投資キャッシュフローのバランスが非常に良いですね。
グラフで見ると、非常に安定的な運営をしているのが分かりますね。投資が150,000~200,000千ドルの間で行われています。また、財務キャッシュフローは2013年度のみ大きくマイナスとなっていますが、通常の自社株買いに加えて何かキャッシュが出ているようです。何かは不明。
最後に、損益分岐点です。CVP分析。
少しずつ損益分岐点が上がっており、また安全余裕率も下がっているので、ちょっと悪くなっていますね。前回記事の通り、粗利の率の悪化が効いているようです。

順調な成長をみせいているパネラブレッドですが、今後も強い体質を維持して成長していって欲しいですね。

次回は、パネラブレッドの最後、効率性、サイト日数の話です。

関連記事:

この記事は参考になりましたか?

少しでも参考になればSNSでシェアしてもらうと嬉しいです。
   ↓ ↓ ↓

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

0 件のコメント:

コメントを投稿