ラベル

ファンダメンタルズ投資 (165) 米国株 (138) バリュー投資 (135) 財務諸表を読もう (111) 個別銘柄分析 (103) 資本家 (103) 不労所得を得る (101) 成長株投資 (100) 配当を得る (94) 中国株 (82) 経営 (78) 高配当投資 (78) 会計 (75) 労働者 (74) バブル・暴落 (64) 書籍 (60) インドネシア株 (51) マレーシア株 (45) アルゼンチン株式 (44) 節約術 (34) 街角経済 (31) ロシア株 (30) テクニカル投資 (27) 家計簿 (26) 組入銘柄 (26) ローン返済 (23) 名古屋 (15) グランパス (14) MELI (10) NTES (9) PNRA (9) NISA (8) アメーバ経営 (8) MO (7) PG (7) ABT (6) DIS (6) 寄付 (6) JNJ (5) LLY (5) MMM (5) SPY (5) WMT (5) 稲盛和夫 (5) AEO (4) 1066.HK(山東威高集団医用高分子製品) (3) 2328.HK(中国人民財産保険) (3) 6888.KL(AXIATA) (3) GSK (3) UNH (3) UNVR.JK (3) 0388.HK(香港交易所) (2) 0857.HK(中国石油天然気) (2) 0867.HK(康哲薬業) (2) 0991.HK(大唐国際発電) (2) 2202.HK(万科企業) (2) 2628.HK(中国人寿保険) (2) 2883.HK(中海油田服務) (2) 900923.SS(上海百聯集団) (2) INDF.JK (2) ISRG (2) KLBF.JK (2) MCO (2) SHAK (2) V (2) VOO (2) 0525.HK(広深鉄路) (1) 0576.HK(浙江高速道路) (1) 0837.HK(譚木匠) (1) 0956.HK(新天緑色能源) (1) 1398.HK(中国工商銀行) (1) 2039.HK(中国国際コンテナ) (1) 8664.KL(SP SETIA) (1) AXP (1) BBRI.JK (1) BRK-B (1) MA (1) MANU (1) カルガモ親子投資法 (1) 出版 (1)

2016年7月8日金曜日

3M Company (MMM) 銘柄紹介3 --米国の偉大な多角化企業。財務状況から見るキャッシュフロー、損益分岐点、資金繰り

このブログのfacebookページはこちら→ Fair Value Investment 公正価値投資

スリーエム紹介の3回目です。
本日は、キャッシュフローの概要と損益分岐点、最後に資金繰りを見ていきます。

キャッシュフローは、直近3期とも「+」「-」「-」です。
  • 本業で得た潤沢なキャッシュフロー(営業キャッシュフローのプラス)を、
  • 一部投資に回してキャッシュアウト(投資キャッシュフローのマイナス)、
  • 一部を株主への還元する、または借入金を返済してキャッシュアウト(財務キャッシュフローのマイナス)
となっています。


見える化してみました。玉の大きさが営業キャッシュフロー。横軸が投資キャッシュフロー。縦軸が財務キャッシュフローです。安定しています。
2015年度に投資を進めているが分かります。その他はあまり変化が無いようですね。


損益分岐点は、現在の売上に対してかなり低いところにあります。余裕がありますね。


売上債権の回収と在庫の回転具合、そして買掛の支払い具合のバランスを見てみます。
債権や在庫のほうが長い状態で、悪い方向なのですが、当然にキャッシュは潤沢にあるので問題ないのでしょう。


サイト差については、やや悪化傾向です。ただ、大きな問題はないと思われます。

この記事のまとめ:
  • 安定した、キャッシュフローとそのお金の使い方で、投資対象としては優秀
  • 割安なときに購入したいところ
関連記事:

この記事は参考になりましたか?

少しでも参考になればSNSでシェアしてもらうと嬉しいです。
   ↓ ↓ ↓

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

0 件のコメント:

コメントを投稿