ラベル

ファンダメンタルズ投資 (179) 米国株 (157) バリュー投資 (151) 財務諸表を読もう (121) 成長株投資 (110) 不労所得を得る (109) 資本家 (109) 個別銘柄分析 (106) 配当を得る (100) 中国株 (94) 高配当投資 (84) 労働者 (80) 経営 (79) 会計 (76) バブル・暴落 (68) インドネシア株 (66) 書籍 (66) マレーシア株 (53) アルゼンチン株式 (51) 節約術 (39) テクニカル投資 (34) 街角経済 (34) ロシア株 (33) 組入銘柄 (31) 家計簿 (28) ローン返済 (23) 名古屋 (15) グランパス (14) MELI (10) PNRA (10) NISA (9) NTES (9) アメーバ経営 (8) 寄付 (8) MO (7) PG (7) ABT (6) DIS (6) JNJ (5) LLY (5) MMM (5) SPY (5) WMT (5) 稲盛和夫 (5) 2202.HK(万科企業) (4) AEO (4) 定点観測 (4) 1066.HK(山東威高集団医用高分子製品) (3) 2328.HK(中国人民財産保険) (3) 6888.KL(AXIATA) (3) GSK (3) ISRG (3) SHAK (3) UNH (3) UNVR.JK (3) 0388.HK(香港交易所) (2) 0857.HK(中国石油天然気) (2) 0867.HK(康哲薬業) (2) 0991.HK(大唐国際発電) (2) 2628.HK(中国人寿保険) (2) 2883.HK(中海油田服務) (2) 900923.SS(上海百聯集団) (2) INDF.JK (2) KLBF.JK (2) MCO (2) V (2) VOO (2) 0525.HK(広深鉄路) (1) 0576.HK(浙江高速道路) (1) 0837.HK(譚木匠) (1) 0956.HK(新天緑色能源) (1) 1398.HK(中国工商銀行) (1) 2039.HK(中国国際コンテナ) (1) 8664.KL(SP SETIA) (1) AXP (1) BBRI.JK (1) BRK-B (1) MA (1) MANU (1) TLKM.JK (1) TSLA (1) カルガモ親子投資法 (1) 出版 (1) 積立投資 (1)

2017年4月15日土曜日

Mercadolibre, Inc. (MELI)8 配当が出ました --南米のECサイト運営会社。今回は、キャッシュフローを見てみます。ここ数年で大きな財務戦略の変更がありました。


前回、「Mercadolibre, Inc. (MELI)7 配当が出ました --南米のECサイト運営会社。(*^^*)。成長を継続中のメルカドリブレの損益分岐点を見てみました。」で、メルカドリブレの損益分岐点について書きました。今回は、キャッシュフロー計算書からここ6期分の変化を見ていきたいと思います。

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ ランキングで、今こんな順位にいます☆(*・.・)ノ
Twitterもフォローお願いします → fairvalueinvestment @fairvalue_i
このブログのfacebookページはこちら→ Fair Value Investment 公正価値投資

■メルカドリブレの大きな経営変化とは?

2013年まではおおむね変化がないです。2014で極端に、財務キャッシュフローがプラスに増加。借入をしています。併せて投資キャッシュフローがキャッシュアウトフロー。
借金をして、設備投資等々をしたわけですね。
その後の、2015、2016は投資キャッシュフローが継続。一方、財務キャッシュフローの借入は止まったようです。
では、それをもう少し図示してみましょう。玉の大きさが、営業キャッシュフロー、横軸が投資キャッシュフロー、縦軸が財務キャッシュフローです。
玉の大きさが変わっていないのですが、少しずつ大きくなっています。ただ、もっともっと営業キャッシュで成長してほしいですね。

■今後の期待について

いい話としては、まだ中南米の市場が飽和していないこと、悪い話としてはebayが株式を売却したことがありますが、企業は市場があって成長する余地がある限り期待できる存在だと思われます。

この記事のまとめ:
  • メルカドリブレはアルゼンチン・ブエノスアイレスに居を構えるeコマース企業
  • キャッシュフローベースの転換点は、2014期
  • 負債をもとに投資をし続けている
  • 投資は継続している
  • その効果が現れるのは不明だが、引き続き持ち株でいたい会社である
関連記事:

この記事は参考になりましたか?

少しでも参考になればSNSでシェアしてもらうと嬉しいです。
   ↓ ↓ ↓

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

0 件のコメント:

コメントを投稿