ラベル

ファンダメンタルズ投資 (186) 米国株 (186) バリュー投資 (162) 財務諸表を読もう (130) 資本家 (121) 不労所得を得る (117) 成長株投資 (117) 個別銘柄分析 (115) 中国株 (108) 配当を得る (102) 労働者 (92) 高配当投資 (87) インドネシア株 (86) 経営 (86) 会計 (82) バブル・暴落 (74) 書籍 (71) マレーシア株 (66) アルゼンチン株式 (64) 節約術 (46) テクニカル投資 (43) ロシア株 (40) 組入銘柄 (37) 街角経済 (34) 家計簿 (31) ローン返済 (23) 名古屋 (15) グランパス (14) MELI (10) PNRA (10) 定点観測 (10) DIS (9) MO (9) NISA (9) NTES (9) 寄付 (9) アメーバ経営 (8) PG (7) 積立投資 (7) ABT (6) ISRG (6) JNJ (5) LLY (5) MMM (5) SPY (5) WMT (5) 稲盛和夫 (5) 2202.HK(万科企業) (4) AEO (4) 1066.HK(山東威高集団医用高分子製品) (3) 2328.HK(中国人民財産保険) (3) 6888.KL(AXIATA) (3) GSK (3) SHAK (3) UNH (3) UNVR.JK (3) 0388.HK(香港交易所) (2) 0857.HK(中国石油天然気) (2) 0867.HK(康哲薬業) (2) 0991.HK(大唐国際発電) (2) 2628.HK(中国人寿保険) (2) 2883.HK(中海油田服務) (2) 900923.SS(上海百聯集団) (2) BBRI.JK (2) INDF.JK (2) KLBF.JK (2) MCO (2) V (2) VOO (2) カルガモ親子投資法 (2) 出版 (2) 0525.HK(広深鉄路) (1) 0576.HK(浙江高速道路) (1) 0837.HK(譚木匠) (1) 0956.HK(新天緑色能源) (1) 1398.HK(中国工商銀行) (1) 2039.HK(中国国際コンテナ) (1) 8664.KL(SP SETIA) (1) AXP (1) BRK-B (1) MA (1) MANU (1) TLKM.JK (1) TSLA (1)

2018年3月31日土曜日

Intuitive Surgical, Inc. (ISRG) 銘柄紹介6 --ロボット手術の米国最大手。今回はキャッシュ・フロー計算書を見てみました。グラフにするとキャッシュの戦略が一目瞭然ですね。

成長著しいインテュイティヴ・サージカル。米国の手術ロボットの会社です。
今回は、キャッシュ・フロー計算書からキャッシュフローの推移を見てみましょう。

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ ランキングで、今こんな順位にいます☆(*・.・)ノ
Twitterもフォローお願いします → fairvalueinvestment @fairvalue_i
このブログのfacebookページはこちら→ Fair Value Investment 公正価値投資

■キャッシュフロー


下の図のほうが見やすいですね。下の図では、玉の大きさが営業キャッシュフロー、横軸が投資キャッシュフロー、縦軸が財務キャッシュフローです。

特徴としては、①2013期と2014期と②2015期と2016期、③2017期に明快に別れています。明らかにキャッシュの使い方の戦略が変わっていますね。

②2015期と2016期は投資キャッシュフローでキャッシュアウト、財務キャッシュフローはややプラス。よって、投資にお金を使っていて、借入もややしていることから、営業キャッシュフローで得たお金と、さらにお金を借りてまで投資に注力している姿が浮かびます。

①2013期と2014期と③2017期は、財務キャッシュフローがキャッシュアウトですので、借入やその他の負債を返している状況。すこしキャッシュの状況に余裕があるのかも知れません。
特に、2017期の財務キャッシュフローのキャッシュアウトは大きいです。ここには載せていませんが、BSを確認すると、株式の購入でキャッシュアウトしています。会社の買収等をしています。

このように、お金の使い方をキャッシュ・フロー計算書で見ることにより、会社の調子が見えてきます。損益計算書PLだけでは分からない、または騙されてしまう部分もキャッシュベースで見るとあからさまになるので、投資をする方はぜひキャッシュ・フロー計算書の見方も覚えて頂けるとよいかと思います。

また、営業キャッシュフローは順調に大きくなっていますので、本業の強さが分かります。前回のブログで、インテュイティヴ・サージカルの損益分岐点をお示ししたように、
Intuitive Surgical, Inc. (ISRG) 銘柄紹介5 --ロボット手術の米国最大手。今回は損益分岐点を見てみました。変動費率が低く非常に強固な事業であることが分かります。ヽ(^o^)丿
事業は非常に強固で、変動費率が低いことからこれから売上が上がる、シェアが上がる毎に利益を増やしやすい体質にあります。

この記事のまとめ:
  • インテュイティヴ・サージカルはロボット手術機器、最大手
  • 今回はキャッシュ・フロー計算書を見てみた
  • ①2013期と2014期と②2015期と2016期、③2017期で、キャッシュの使い方の戦略が変わっている
  • 2017期は特に、株式の購入で財務キャッシュフローは大きくキャッシュアウト
  • ②2015期と2016期は投資に積極的
関連記事:

この記事は参考になりましたか?

少しでも参考になればSNSでシェアしてもらうと嬉しいです。
   ↓ ↓ ↓

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

0 件のコメント:

コメントを投稿