ラベル

米国株 (212) ファンダメンタルズ投資 (196) バリュー投資 (174) 財務諸表を読もう (133) 中国株 (124) 成長株投資 (124) 資本家 (123) 不労所得を得る (118) 個別銘柄分析 (118) 配当を得る (108) インドネシア株 (104) 労働者 (94) 高配当投資 (93) 経営 (86) 会計 (83) マレーシア株 (78) アルゼンチン株式 (76) バブル・暴落 (75) 書籍 (71) 節約術 (51) テクニカル投資 (50) ロシア株 (46) 組入銘柄 (43) 街角経済 (39) 家計簿 (32) ローン返済 (23) 定点観測 (16) 名古屋 (15) グランパス (14) 積立投資 (13) MELI (10) MO (10) PNRA (10) 寄付 (10) DIS (9) NISA (9) NTES (9) アメーバ経営 (8) PG (7) SHAK (7) 0867.HK(康哲薬業) (6) ABT (6) ISRG (6) JNJ (5) LLY (5) MMM (5) SPY (5) WMT (5) 稲盛和夫 (5) 2202.HK(万科企業) (4) AEO (4) V (4) 1066.HK(山東威高集団医用高分子製品) (3) 2328.HK(中国人民財産保険) (3) 6888.KL(AXIATA) (3) GSK (3) UNH (3) UNVR.JK (3) 0388.HK(香港交易所) (2) 0857.HK(中国石油天然気) (2) 0991.HK(大唐国際発電) (2) 2628.HK(中国人寿保険) (2) 2883.HK(中海油田服務) (2) 900923.SS(上海百聯集団) (2) BBRI.JK (2) BRK-B (2) INDF.JK (2) KLBF.JK (2) MCO (2) VOO (2) カルガモ親子投資法 (2) 出版 (2) 0525.HK(広深鉄路) (1) 0576.HK(浙江高速道路) (1) 0837.HK(譚木匠) (1) 0956.HK(新天緑色能源) (1) 1398.HK(中国工商銀行) (1) 2039.HK(中国国際コンテナ) (1) 8664.KL(SP SETIA) (1) AXP (1) MA (1) MANU (1) TLKM.JK (1) TSLA (1)

2017年9月12日火曜日

China Vanke Co. Ltd.(2202.HK)3 配当が出ました --株価23倍の優良銘柄。中国ナンバーワン不動産ディベロッパー。将来は不安も!


ついに中国株の2016年の配当が出揃いましたので、今回はその中でも大きく成長して株価が上がった万科企業のご紹介です。2016年の配当についてはこちら↓
2016年の配当収入まとめ --配当収入はやや減少。住宅ローン完済のために中国株式を多々売却した前年と変わらず。^_^

万科企業 CHINA VANKE (2202.HK)は、中国の不動産デベロッパーでナンバーワンの会社となっています。

私の持ち株の中でも、株価が23倍になっている優良な会社です。

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へランキングで、今こんな順位にいます☆(*・.・)ノ
Twitterもフォローお願いします → fairvalueinvestment @fairvalue_i
このブログのfacebookページはこちら→ Fair Value Investment 公正価値投資

今回は財務状況を見ていきましょう!ヽ(^o^)丿

■まずは収益性

まずは収益性。増収、増益を継続中です。不動産業界では不動の1位を継続していますので、しばらくは安泰だと思われます。
ただ、利益率で見るとここ数年は低下しているため、競争激化の様相も見て取れますね。

 次に、資本あたりの収益性です。ROEは17,8%。この業界は借り入れを効果的に効かせて成長させていきますから、自ずとROEも高くなります。

費用面。前記で販管費率が急上昇しているのが気になります。理由は分かりません。
原価率の上昇も不安なところです。不動産の取得もより難しくなっているんでしょうね。

■効率性、回転率は?

次は、効率性、各種回転率です。
目立つのは有形固定資産回転率が大きく悪化傾向なこと。
一方、 仕入債務回転率は少し良くなっています。
手持ちの不動産物件が大きくなり回転率が落ちているようですが、仕入れてから販売までの期間を改善させて、事業の悪化をできるだけ食い止めているようです。

■安全性は?

資金です。事業拡大に伴い資産、負債とも増加。流動比率は横ばいです。

 長期の資金です。固定比率が上昇しており、不動産の仕入れを負債で賄っている様子が見て取れます。

■この企業の将来像

 最後に、万科企業は不動産デベロッパーとして今後も成長基調は変わらないと思われます。
しかしながら、中国の不動産事情はバブルの様相もあり、今後は日本のようにバブルが弾け、株価が低迷することも予想されます。

購入は慎重を期したいですね。ヽ(^o^)丿

この記事のまとめ:
  • 16年ほど前に投資を始めた頃に購入した懐かしい銘柄
  • 中国のナンバーワン不動産ディベロッパー
  • 株価は購入時の23倍に
  • 今後は中国不動産バブルが心配
関連記事:

この記事は参考になりましたか?

少しでも参考になればSNSでシェアしてもらうと嬉しいです。
   ↓ ↓ ↓

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

0 件のコメント:

コメントを投稿