ラベル

米国株 (215) ファンダメンタルズ投資 (198) バリュー投資 (175) 財務諸表を読もう (134) 成長株投資 (126) 中国株 (125) 資本家 (123) 個別銘柄分析 (119) 不労所得を得る (118) 配当を得る (108) インドネシア株 (105) 労働者 (94) 高配当投資 (93) 経営 (87) 会計 (84) マレーシア株 (79) アルゼンチン株式 (77) バブル・暴落 (76) 書籍 (73) 節約術 (51) テクニカル投資 (50) ロシア株 (46) 組入銘柄 (44) 街角経済 (40) 家計簿 (32) ローン返済 (23) 定点観測 (16) 名古屋 (15) グランパス (14) 積立投資 (14) MELI (10) MO (10) PNRA (10) 寄付 (10) DIS (9) NISA (9) NTES (9) アメーバ経営 (8) PG (7) SHAK (7) 0867.HK(康哲薬業) (6) ABT (6) ISRG (6) JNJ (5) LLY (5) MMM (5) SPY (5) V (5) WMT (5) 稲盛和夫 (5) 2202.HK(万科企業) (4) AEO (4) 1066.HK(山東威高集団医用高分子製品) (3) 2328.HK(中国人民財産保険) (3) 6888.KL(AXIATA) (3) GSK (3) UNH (3) UNVR.JK (3) 0388.HK(香港交易所) (2) 0857.HK(中国石油天然気) (2) 0991.HK(大唐国際発電) (2) 2628.HK(中国人寿保険) (2) 2883.HK(中海油田服務) (2) 900923.SS(上海百聯集団) (2) BBRI.JK (2) BRK-B (2) INDF.JK (2) KLBF.JK (2) MCO (2) VOO (2) カルガモ親子投資法 (2) 出版 (2) 0525.HK(広深鉄路) (1) 0576.HK(浙江高速道路) (1) 0837.HK(譚木匠) (1) 0956.HK(新天緑色能源) (1) 1398.HK(中国工商銀行) (1) 2039.HK(中国国際コンテナ) (1) 8664.KL(SP SETIA) (1) AXP (1) MA (1) MANU (1) TLKM.JK (1) TSLA (1)

2018年6月16日土曜日

Shake Shack Inc. (SHAK) 銘柄紹介3 --やっと赤字から回復したシェイクシャック。遅ればせながら財務の状況を再点検してみましょう。(*´∀`*)

シェイクシャックは、ニューヨーク発のハンバーガー屋さんで、いまでは日本で10店舗、展開しています。

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ ランキングで、今こんな順位にいます☆(*・.・)ノ
Twitterもフォローお願いします → fairvalueinvestment @fairvalue_i
このブログのfacebookページはこちら→ Fair Value Investment 公正価値投資

ちょっと前までは私の持ち株の中でも大きな赤字でしたが、最新の2017決算を踏まえ、株価も回復してきました。今の所、かなりの黒字になってきました。2年くらい我慢しましたが、決算の様子や本業を考えるに、成長性は維持できていました。やはり事業は簡単に行くわけはないので、投資家としては短期的な結果だけではなく、きちんと事業を見ていく必要があります。

 株価は上記の通り、ここ1,2ヶ月で大きく上がりました。
 
事業は売上がきちんと上昇中。それに連れて粗利が大きくなってきています。本業は大丈夫なようです。やっと営業利益も出してきていますが、固定費が大きく効いてくる事業ですから、ここからは大きく利益が乗ってくるでしょう。
なお、シェイクシャックの事業のBEPは、また後日グラフ化して紹介しますね。

原価率や販管費率が少しずつ下がってきているはいい傾向です。規模に応じて減少傾向が続くと良いですね。

この記事のまとめ:
  • 2017期の決算は上向き傾向
  • それに応じて、株価も回復した
  • 売上、粗利とも大きく増やしている
  • 原価率、販管費率も改善
関連記事:

この記事は参考になりましたか?

少しでも参考になればSNSでシェアしてもらうと嬉しいです。
   ↓ ↓ ↓

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

0 件のコメント:

コメントを投稿