ラベル

米国株 (206) ファンダメンタルズ投資 (194) バリュー投資 (173) 財務諸表を読もう (131) 資本家 (123) 中国株 (122) 成長株投資 (121) 不労所得を得る (118) 個別銘柄分析 (116) 配当を得る (108) インドネシア株 (101) 労働者 (94) 高配当投資 (93) 経営 (86) 会計 (83) マレーシア株 (76) バブル・暴落 (75) アルゼンチン株式 (74) 書籍 (71) テクニカル投資 (49) 節約術 (49) ロシア株 (45) 組入銘柄 (42) 街角経済 (37) 家計簿 (32) ローン返済 (23) 名古屋 (15) 定点観測 (15) グランパス (14) 積立投資 (12) MELI (10) MO (10) PNRA (10) 寄付 (10) DIS (9) NISA (9) NTES (9) アメーバ経営 (8) PG (7) 0867.HK(康哲薬業) (6) ABT (6) ISRG (6) SHAK (6) JNJ (5) LLY (5) MMM (5) SPY (5) WMT (5) 稲盛和夫 (5) 2202.HK(万科企業) (4) AEO (4) 1066.HK(山東威高集団医用高分子製品) (3) 2328.HK(中国人民財産保険) (3) 6888.KL(AXIATA) (3) GSK (3) UNH (3) UNVR.JK (3) 0388.HK(香港交易所) (2) 0857.HK(中国石油天然気) (2) 0991.HK(大唐国際発電) (2) 2628.HK(中国人寿保険) (2) 2883.HK(中海油田服務) (2) 900923.SS(上海百聯集団) (2) BBRI.JK (2) BRK-B (2) INDF.JK (2) KLBF.JK (2) MCO (2) V (2) VOO (2) カルガモ親子投資法 (2) 出版 (2) 0525.HK(広深鉄路) (1) 0576.HK(浙江高速道路) (1) 0837.HK(譚木匠) (1) 0956.HK(新天緑色能源) (1) 1398.HK(中国工商銀行) (1) 2039.HK(中国国際コンテナ) (1) 8664.KL(SP SETIA) (1) AXP (1) MA (1) MANU (1) TLKM.JK (1) TSLA (1)

2018年7月21日土曜日

China Medical System Holdings Ltd. (0867.HK)3 銘柄紹介 --中国の医薬品総合メーカ、卸会社。強力な財務体質で成長中。ここ数ヶ月はやや株価下落。

康哲薬業、China Medical System Holdings Ltd. (0867.HK)は、中国全土の病院へ各種処方薬、および輸入薬を卸している会社です。2011年にはフォーブス誌で「潜在力のある中国企業200社」に取り上げられていて、その頃から力強い会社の体質、成長性が注目をされていました。
今回は2017年決算を分析して、株価と収益性を見てみます。ヽ(^o^)丿

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へランキングで、今こんな順位にいます☆(*・.・)ノ
Twitterもフォローお願いします → fairvalueinvestment @fairvalue_i
このブログのfacebookページはこちら→ Fair Value Investment 公正価値投資

久々にこの会社を取り上げますねー。2011年からお世話になっている会社ですが、成長性のある会社故、株価は当時から4倍強になっています。
では、まずは株価の推移。

株価はここ数ヶ月で大きく値を下げました。理由は、次回の財務状況で説明します。

なお、EPS(一株利益)の推移ですが、
2013年 0.26
2014年 0.43 65.4%増
2015年 0.40 7.0%減
2016年 0.55 37.5%増
2017年 0.67 21.8%増
と、ほぼ順調に成長しています。

7年前にフォーブス誌で取り上げられてからも、自力のある非常に強い会社で有り続けています。
拙著「株は「ゲリラ豪雨」で買い、「平均気温」で儲ける!」でも記しましたが、株式投資で成功するには、まずは企業の強さ、企業価値、そしてその成長性に着目しなければいけません。そのためには、価値ある会社を把握して、そして突発的な暴落等で買い付けるように心がけましょう。






http://amzn.to/2G1VtGw



当企業が強い収益性がある限り、今後も成長を見守って行きたいところです。
次からはその財務状況を見ていきます。

この記事のまとめ:
  • シェイクシャックは、ニューヨークセントラルパークを起点とするハンバーガー屋さん
  • 変動費率がかなり低く、将来の売上成長で利益を大きく伸ばしそう
  • 株価の損益も黒字になり今後に期待
関連記事:

この記事は参考になりましたか?

少しでも参考になればSNSでシェアしてもらうと嬉しいです。
   ↓ ↓ ↓

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

0 件のコメント:

コメントを投稿