ラベル

米国株 (245) ファンダメンタルズ投資 (202) バリュー投資 (185) 中国株 (141) 財務諸表を読もう (140) 成長株投資 (133) 資本家 (130) インドネシア株 (129) 個別銘柄分析 (122) 不労所得を得る (120) 配当を得る (108) 労働者 (101) マレーシア株 (95) 高配当投資 (94) アルゼンチン株式 (93) 経営 (88) 会計 (87) 書籍 (80) バブル・暴落 (77) テクニカル投資 (60) 節約術 (56) ロシア株 (55) 組入銘柄 (51) 街角経済 (50) 家計簿 (34) 定点観測 (24) ローン返済 (23) 積立投資 (23) 名古屋 (16) グランパス (15) 寄付 (13) MELI (10) MO (10) PNRA (10) SHAK (10) DIS (9) ISRG (9) NISA (9) NTES (9) アメーバ経営 (8) PG (7) V (7) 0867.HK(康哲薬業) (6) ABT (6) JNJ (5) LLY (5) MMM (5) SPY (5) WMT (5) 稲盛和夫 (5) 2202.HK(万科企業) (4) AEO (4) 1066.HK(山東威高集団医用高分子製品) (3) 2328.HK(中国人民財産保険) (3) 6888.KL(AXIATA) (3) GSK (3) UNH (3) UNVR.JK (3) カルガモ親子投資法 (3) 出版 (3) 0388.HK(香港交易所) (2) 0857.HK(中国石油天然気) (2) 0991.HK(大唐国際発電) (2) 2628.HK(中国人寿保険) (2) 2883.HK(中海油田服務) (2) 900923.SS(上海百聯集団) (2) BBRI.JK (2) BRK-B (2) INDF.JK (2) KLBF.JK (2) MCO (2) VOO (2) 0525.HK(広深鉄路) (1) 0576.HK(浙江高速道路) (1) 0837.HK(譚木匠) (1) 0956.HK(新天緑色能源) (1) 1398.HK(中国工商銀行) (1) 2039.HK(中国国際コンテナ) (1) 8664.KL(SP SETIA) (1) AXP (1) MA (1) MANU (1) TLKM.JK (1) TSLA (1)

2019年6月18日火曜日

Intuitive Surgical, Inc. (ISRG) 銘柄紹介8 --ロボット手術の米国最大手。成長著しい会社の収益性を見てみましょう!

インテュイティヴ・サージカルの2018年度決算について、財務分析をしています。その2回目。今回は収益性を主に見ていきましょう!

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へランキングで、今こんな順位にいます☆(*・.・)ノ
Twitterもフォローお願いします → fairvalueinvestment @fairvalue_i
このブログのfacebookページはこちら→ Fair Value Investment 公正価値投資

当会社は、ロボット手術、そして、遠隔手術、さらに、低侵襲性手術と、大きな技術的アドバンテージを持った企業です。製品の単価は高く、さらにスイッチングコストが高いため、導入後の運用収益も大きい企業です。
技術力が高く高価な設備を販売し、更にその運用益で稼いでいます。今の業者シェアを考えると成長性と、その継続性はピカイチであると思います。

今回は収益性を中心に。

■収益性は?

7期分の売上、各種利益の推移です。売上は順調に右肩上がりとなっています。2014期は少し売上を落としていますが、それ以降は順調ですね。
それに伴い、利益も順調に成長させています。

ROE、ROAもここ数年はゆっくりながらも上げてきています。

この会社の成長株たる所以は、この研究開発費の大きさだと思います。技術力を強みの一つとしています。
費用も増えていますが、その割合は安定的。成長する会社なので、少しでも安定してくるといいですね。

棚卸資産はいきなり増えていますが、原因は不明。利益の伸びにまあ比例しているので、在庫が増えたのでしょうか。

流動比率、当座比率ともとても高い。キャッシュ持ちです。そりゃそうですね。超強い会社であることが分かります。

固定比率、長期固定適合率は、100%よりはるかに小さく、固定資産調達の安全性が分かります。ある意味、こんな会社に就職したい!
少なくとも投資先としては優秀です。

ワタクシゴトですが、2018年5月に本を出版しました。
株は「ゲリラ豪雨」で買い、「平均気温」で儲ける!
amzn.to/2G1VtGw 
ビジネス社さんより出していただきました。


この記事のまとめ:
  • 2018期決算を踏まえての収益性分析や資産・負債の分析
  • 財務体質の良さが表現されている
  • 本業も絶好調で、今後も期待できる成長銘柄
関連記事:

この記事は参考になりましたか?

少しでも参考になればSNSでシェアしてもらうと嬉しいです。
   ↓ ↓ ↓

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

0 件のコメント:

コメントを投稿