ラベル

米国株 (293) ファンダメンタルズ投資 (224) バリュー投資 (218) 中国株 (177) インドネシア株 (173) 成長株投資 (156) 財務諸表を読もう (143) 資本家 (139) 不労所得を得る (131) 個別銘柄分析 (128) アルゼンチン株式 (126) マレーシア株 (125) 配当を得る (111) 労働者 (110) 高配当投資 (105) 書籍 (93) 会計 (91) バブル・暴落 (89) 経営 (89) テクニカル投資 (81) 節約術 (71) ロシア株 (65) 組入銘柄 (65) 街角経済 (59) 家計簿 (41) 積立投資 (40) 定点観測 (38) ローン返済 (23) 寄付 (18) MELI (16) 名古屋 (16) グランパス (15) SHAK (12) MO (10) PNRA (10) DIS (9) ISRG (9) NISA (9) NTES (9) V (8) アメーバ経営 (8) PG (7) 0867.HK(康哲薬業) (6) ABT (6) インド株 (6) AEO (5) JNJ (5) LLY (5) MMM (5) SPY (5) WMT (5) 稲盛和夫 (5) 1066.HK(山東威高集団医用高分子製品) (4) 2202.HK(万科企業) (4) 2328.HK(中国人民財産保険) (3) 6888.KL(AXIATA) (3) GSK (3) UNH (3) UNVR.JK (3) カルガモ親子投資法 (3) 出版 (3) 0388.HK(香港交易所) (2) 0857.HK(中国石油天然気) (2) 0991.HK(大唐国際発電) (2) 2628.HK(中国人寿保険) (2) 2883.HK(中海油田服務) (2) 900923.SS(上海百聯集団) (2) BBRI.JK (2) BRK-B (2) INDF.JK (2) KLBF.JK (2) MCO (2) VOO (2) 0525.HK(広深鉄路) (1) 0576.HK(浙江高速道路) (1) 0837.HK(譚木匠) (1) 0956.HK(新天緑色能源) (1) 1398.HK(中国工商銀行) (1) 2039.HK(中国国際コンテナ) (1) 8664.KL(SP SETIA) (1) AXP (1) MA (1) MANU (1) TLKM.JK (1) TSLA (1)

2019年8月31日土曜日

2018年の配当収入まとめ --配当総額の成長がかなり安定してきました。配当利回りもここ数年低迷していましたが、2%台まで戻してきました。ヽ(^o^)丿

2018年の配当が出揃いました。
2018年末というと遠い過去のような感じですが、私が投資をしている中国株は、配当金の入金がどうしても8月くらいまで掛かってしまいます。
ですので2018年12月末の配当が出揃うのがこの時期で、報告がこんな時期となってしまいます。

配当の額は控えさせていただいていますが、2018年は配当がさらに成長しました。
私は、インデックスファンドのみの投資や高配当銘柄のみの投資でもなく、「価値」と「価格」の関係性を見抜くという投資戦略の元、成長する会社の株も買っていますので、配当利回りはやや低い値です。
ただ、所有している会社の財務体質が強い会社を買っているので、増配する会社も多く持っており、増配してくれているのがいいですね。

上のグラフでは、2015年に配当が激減していますが、これは住宅ローンを完済するために、少し株式を売却したため、配当も減ってしまったことによります。
それから少し低迷しましたが、再び追加投資や増配を背景に、配当も増えてきている状況です。

こんなペースで配当が増えていくのは、企業が成長していることの証なので、将来が楽しみですね。

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へランキングで、今こんな順位にいます☆(*・.・)ノ
Twitterもフォローお願いします → fairvalueinvestment @fairvalue_i
このブログのfacebookページはこちら→ Fair Value Investment 公正価値投資

配当利回りです。

配当利回りは、2018年末の株式資産総額を分母にして計算をしています。
今期は配当利回りも上昇してきて、2%以上になりましたので、満足です。私は比較的、成長株にも投資をしていますので、配当利回りは低いです。

株式投資は企業の成長(の可能性)に自分のお金を預ける行為ですが、そのリターンの一つの形が「配当」です。配当を再度投資することにより、その原資がさらに配当を生むという回転を作って、投資を楽しみましょう。

この記事のまとめ:
  • 配当収入は、安定成長基調に
  • 配当利回りも、2%台に
  • 今後の配当の再投資に心掛け、配当も成長基調を気にしていきたい
関連記事:

この記事は参考になりましたか?

少しでも参考になればSNSでシェアしてもらうと嬉しいです。
   ↓ ↓ ↓

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

0 件のコメント:

コメントを投稿