ラベル

米国株 (297) ファンダメンタルズ投資 (225) バリュー投資 (220) 中国株 (179) インドネシア株 (175) 成長株投資 (158) 財務諸表を読もう (143) 資本家 (141) 不労所得を得る (132) 個別銘柄分析 (129) アルゼンチン株式 (127) マレーシア株 (126) 労働者 (112) 配当を得る (112) 高配当投資 (106) 書籍 (94) 会計 (91) バブル・暴落 (89) 経営 (89) テクニカル投資 (83) 節約術 (72) 組入銘柄 (67) ロシア株 (65) 街角経済 (59) 積立投資 (42) 家計簿 (41) 定点観測 (40) ローン返済 (23) 寄付 (19) MELI (16) 名古屋 (16) グランパス (15) SHAK (12) MO (11) ISRG (10) PNRA (10) DIS (9) NISA (9) NTES (9) V (8) アメーバ経営 (8) インド株 (8) PG (7) 0867.HK(康哲薬業) (6) ABT (6) AEO (5) JNJ (5) LLY (5) MMM (5) SPY (5) WMT (5) 稲盛和夫 (5) 1066.HK(山東威高集団医用高分子製品) (4) 2202.HK(万科企業) (4) 2328.HK(中国人民財産保険) (3) 6888.KL(AXIATA) (3) GSK (3) UNH (3) UNVR.JK (3) カルガモ親子投資法 (3) 出版 (3) 0388.HK(香港交易所) (2) 0857.HK(中国石油天然気) (2) 0991.HK(大唐国際発電) (2) 2628.HK(中国人寿保険) (2) 2883.HK(中海油田服務) (2) 900923.SS(上海百聯集団) (2) BBRI.JK (2) BRK-B (2) INDF.JK (2) KLBF.JK (2) MCO (2) VOO (2) 0525.HK(広深鉄路) (1) 0576.HK(浙江高速道路) (1) 0837.HK(譚木匠) (1) 0956.HK(新天緑色能源) (1) 1398.HK(中国工商銀行) (1) 2039.HK(中国国際コンテナ) (1) 8664.KL(SP SETIA) (1) AXP (1) FTNT (1) MA (1) MANU (1) TLKM.JK (1) TSLA (1)

2020年8月30日日曜日

株式投資で儲けを取る2つの側面 --より簡易的な方法と難易度が高い方法があります。両者をバランス良く実行することでパフォーマンスが上がります。(*^^*)

株式投資で儲けを取る側面・観点としては、次のような2つのものがあると思われます。

これらは、どちらが一方的に良い方法というわけではなく、難易度に合わせてバランスを取って取り込む必要があるように思われます。

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へランキングで、今こんな順位にいます☆(*・.・)ノ

Twitterもフォローお願いします → もりかずお@morikazu56
このブログのfacebookページはこちら→ 気象×公正価値投資 「Fair Value Investment」

①ゼロサムゲームの側面→他人の損を奪い取る

1つ目は、ゼロサムゲームの側面。ゼロサムゲームとはみんなが取れるパイが決まっていて、それを取り合う状態です。ですので、貴方が利益を得ていたら、誰かが同じ分村をしている状況です。

この状況で勝ちに行くのはかなり難易度が高い状況で、永続的に勝つためにはそれなりに自分の技術や有利な環境を保有していなければなりません。しかしながら、株式市場はかなりの面でフェアであり、効率的(エフィシェント)ですから、ほぼ全員が永続的にその力を得ることはありません。

つまり、この環境で勝ち続けることは不可能である、と思っておいたほうが良いです。

これは、アクティブファンドが中長期に於いて勝ち抜けていることが極めて少ないことからも、歴史が証明しています。

②プラスサムゲームの側面→経済(企業)の成長をみんなで享受する

もう一つの側面が、プラスサムゲーム面です。こういうみんなが儲かるようなゲームはなかなかないのですが、株式投資は経済成長を前程しているため、一部では数少ないプラスサムゲームの側面が見受けられるゲームとなります。

全員が得をするため、成長を前提としているものに長期に置いておけば、そのトレンドに乗って、必ず儲けることができます。

そういう意味では、①に比較して、こちらは簡易的であると思われます。

では、実際の投資現場ではどのようなものがあるかですが、①はアクティブファンドや個別株、②はインデックスファンドと置き換えることもできるでしょう。

①は、トレードという側面では、ある材料や理由を持って他人の損を奪い取れるかが鍵になります。

②は、成長を前提としているテーマ(米国や新興国)をまるごと買って、ずっと保有し続ける戦術になります。

では、公正価値投資とは?

私の投資法、公正価値投資では、

a.価値ある会社を見抜き

b.暴落時に購入し

c.ずっと持ち続ける

戦略です(背景として、ある程度の銘柄を持ち、分散させることを含んでいることに注意してください)。

つまり、a.とb.では①を採用し、人がパニックし価値と価格にギャップが生じる瞬間を狙って、人の損を掠め取ります。

一方、c.では、a.の価値あるものは必ず価格が戻るという戦術のもと、永く保有することにより、②の成長の果実を受け取ります。

①を進めるのはとても難しいです。人を出し抜くということだから。私はギャップが生じる唯一の瞬間である「暴落時」に買うことで実現しています。

一方、②はインデックスファンドそのものですから、比較的に難易度も高いですし、分散も聞き、ボラティリティが少ないため安全な投資法です。

①②の特徴をうまく使うことにより、あなたのポートフォリオはインデックスファンドや通常の成長にくらべ、圧倒的なパフォーマンスを叩き出すことができるでしょう。ヽ(^o^)丿

ワタクシゴトですが、2018年5月に本を出版しました。

株は「ゲリラ豪雨」で買い、「平均気温」で儲ける!
amzn.to/2G1VtGw 
ビジネス社さんより出していただきました。


この記事のまとめ:

  • 株式投資では、①ゼロサムゲームと②プラスサムゲームの側面がある
  • ①は暴落時にギャップが生じる
  • ②は簡単で、インデックスファンドのようなものを長期で持とう

関連記事:

2020年8月25日火曜日

家計簿のすすめ23 スマホ代 --大手キャリアからの変更で月額の大きな節約実現。さらに、白ロム端末を自由に選択できるメリットを享受。(*^^*)

約20年ほど前から、毎月、家計簿をつけているのですが、今回は携帯代金(スマホ代)のお話です。

今回はちょうど数日前、家族のスマホが故障してしまいました。お店に持っていったところ修理不可能という回答だったので、いよいよ購入しないといけない事態に。

Twitterもフォローお願いします → もりかずお@morikazu56
このブログのfacebookページはこちら→ 気象×公正価値投資 「Fair Value Investment」

故障したのはxperiaだったのですが、現在、中華製はなかなか買いづらい状況なので、悩んだ末iphoneにしました。

そこで感じたことを一言。

「UQモバイルにしてよかった」
「白ロムにしてよかった」

冒頭のグラフにあるように、我が家では2017年から、au→UQモバイルにしました。
家族の3台分(今は4台分に)をUQモバイルにして、月額平均で1万2000円だったのが、8000円くらいになりました。
この時は、auの端末をsimロックフリーにしてそのまま使っていましたので、先日まではキャリアを変えたことによる月額料金の節約の恩恵のみ感じていました。

今回は、さらに端末変更の恩恵を強く感じることに。
それは白ロム端末を使えることですが、キャリア指定の端末に縛られることなく、端末の選択肢が増えるのはとても良いですね。

ワタクシゴトですが、2018年5月に本を出版しました。
ビジネス社さんより出していただきました。


この記事のまとめ:
  • 携帯が故障し買い替えへ
  • 以前、au→UQモバイルで、月額の携帯代が大幅削減に
  • 白ロム端末を自由に選べるのがさらにメリット
関連記事:

2020年8月22日土曜日

街角経済 54 イケブクロ・ロクマルビル(旧JTB池袋ビル) --前回のP.S.FA閉店の話題の続き。そして、アメリカンイーグルアウトフィッターズのあとは?

 

前回、池袋のサンシャイン通りにある、P.S.FA池袋本店の閉店の話題を載せました。
今回は、もう一度再訪してビルそのものを見てきました。
ビルの全景はこんな感じ↑ですが、このビルが建て替え予定のビルになります。
ビルの名前はイケブクロ・ロクマルビルというビルでして、旧名はJTB池袋ビルということのようです。
現在は、1Fが前回話題のP.S.FA池袋本店がありますが、その他にもドトールコーヒーさん、SOFTBANKさん、2Fにはデニーズさんなどが入っています。

Twitterもフォローお願いします → もりかずお@morikazu56
このブログのfacebookページはこちら→ 気象×公正価値投資 「Fair Value Investment」

P.S.FAはこんな感じです。



ビル入居のテナントさんはこんな感じです。

ネットで調べたところ、2016年の商業施設新聞に記事があって、2019-2020年に建て替え予定と出ています。
もうすぐなんでしょうかね?

そして、ついでにサンシャイン60通に沿いにある、アメリカンイーグルアウトフィッターズの跡地(というか、後テナント)を見てきました。
ちょっと前の記事はこちら↓

2ヶ月前のその時の解体工事の様子はこんな感じ↑でした。


で、本日の様子がこんな感じ。
auさんが入りましたね。

ワタクシゴトですが、2018年5月に本を出版しました。
株は「ゲリラ豪雨」で買い、「平均気温」で儲ける!
amzn.to/2G1VtGw 
ビジネス社さんより出していただきました。


この記事のまとめ:
  • サンシャイン60通り沿いのP.S.FA池袋本店さんのビルを再訪
  • まもなくビルの建て替えか?
  • アメリカンイーグルアウトフィッターズのあとは、auさんが入居
関連記事:

2020年8月18日火曜日

街角経済 53 P.S.FAの池袋本店が閉店 --閉店とはいえ、理由がビルの立て直しとのこと。またの復活を期待。

P.S.FA池袋本店は、紳士服のはるやまが若者をターゲットとして作ったブランドになります。その店舗の中でも池袋のお店は本店で、また人通りの多いサンシャイン60通りにに面した1階にありましたので、目立つ存在でした。

Twitterもフォローお願いします → もりかずお@morikazu56
このブログのfacebookページはこちら→ 気象×公正価値投資 「Fair Value Investment」


そんな中で、私も6年ほど前にここでスーツを調達しておりまして、店員さんがとても親切だったため、印象に残っているお店でした。
その6年前に、この街角経済の記事で取り上げたのがこちら↓。

3月に閉店を発表してからまだお店は開いており、閉店は来月の9月とのことです。
最初はコロナ不況が頭をよぎったのですが、ビルの建て替えがあるのが要因とのこと。

また、いつか戻ってきてもらえると良いですね。現在の様子です。

ワタクシゴトですが、2018年5月に本を出版しました。
株は「ゲリラ豪雨」で買い、「平均気温」で儲ける!
amzn.to/2G1VtGw 
ビジネス社さんより出していただきました。


この記事のまとめ:
  • 池袋の旗艦店、 P.S.FAの池袋本店が閉店
  • ビルの建て替えで他の店舗も順次閉店予定か
  • 復活に期待したい
関連記事:

2020年8月15日土曜日

シラーPERで現状確認 --コロナの暴落後、3ヶ月は米国株式市場は続伸。再びシラーPERが30倍近くに。投資は慎重に。

コロナの暴落のあと、米国株は一気に戻してしまったので、割安性をシラーPERで見てみましょう。


Twitterもフォローお願いします → もりかずお@morikazu56
このブログのfacebookページはこちら→ 気象×公正価値投資 「Fair Value Investment」

シラーPERは、通常のPER(株価収益率)を、
・10年移動平均して毎年の変動を均す
・インフレ率で調整する
ことを施したPERになります。

naverのまとめサイトはこちら↓。

インフレ調整しているの、PERが小さめに出てしまうのが欠点(と言うか当たり前)のようで、一番古い1880年代の頃から時系列で見てみると、上記のグラフのようになります。赤い線は消費者物価指数なので無視してください。
PERが30倍を超えるのが、3回くらいしかないですね。

また、直近を2005年以降の冒頭のグラフで見ますと、コロナで一旦25倍まで下げていますが、すぐに30倍近くになっています。

このシラーPERでは、30倍を超えるとその後の数年はリターンが悪くなる(傾向がある)という過去の結果もあります。
今後は注意ですね。

しかしながら、現在は、
・世界中でデフレ傾向
・世界の主な国々で、景気刺激のために財政支出を多く行っていてマネーがだぶついている
・米国経済が好調で、企業も強いため、米国にマネーが集まっている
などの過去にない特徴があり、過去の法則が生きるかどうかは不明です。当たり前ですが。

ですので、こんなときこそバランス良く投資手法を考えていきたいところです。

ワタクシゴトですが、2018年5月に本を出版しました。
株は「ゲリラ豪雨」で買い、「平均気温」で儲ける!
amzn.to/2G1VtGw 
ビジネス社さんより出していただきました。


この記事のまとめ:
  • シラーPERを確認
  • ここ数ヶ月は、コロナ禍で暴落後すぐに復調
  • PERは30倍近いため、投資スタンスは慎重に行きたい
関連記事:

2020年8月8日土曜日

積立投資 2020年7月 --投資額は35,007円となりました。なんとも言えない少額ですね。米国株がかなり上がってきていますので、計算値はかなり小さめに。

 2020年7月の積立投資です。

7月は米国株式市場がかなり戻してきました。購入額は35,007円でした。前月の66,572円からかなり小さくなりました。

当面投資は控えたほうが良さそうです。
次の暴落を待ちましょう。

ちなみに前月はこちら↓。
前月は、過去1年の平均値である真ん中に近かったんですがね。

Twitterもフォローお願いします → もりかずお@morikazu56
このブログのfacebookページはこちら→ 気象×公正価値投資 「Fair Value Investment」

今月の投資額は、35,007円。前月66,572円から減ってしまいました。

平均100,000円、最低0円、最大200,000円の条件下では、58,215円となっています。

この手法は、自著の、
株は「ゲリラ豪雨」で買い、「平均気温」で儲ける!
amzn.to/2G1VtGw 
でも取り上げています。詳細はそちらで。


ちなみにこの方法は、当ブログで進めている価値に対する価格の安さで投資をしていくアプローチではなく、どちらかと言うとチャートを元にしたテクニカル投資のようなものです。手法は、過去1年のデータから正規分布の確率密度関数を想定して、その重みを付けて投資金額を自動決定するものです。
手法に関する過去記事はこちら↓
積立投資向けの毎月投資額自動確定の仕組みを作ってみた --確率密度関数の上側確率の重みで金額を決めるツールです

この記事のまとめ:
  • 投資額がかなり少額になり、35,007円
  • 好調な米国株のため、当面は投資を控えよう
関連記事:

2020年8月4日火曜日

定点観測 2020年7月 --米国、インドネシア、インド株が大幅に上昇しました。日本株のみ低迷しています。今後の経済の状況を注視しましょう。(@_@。

7月末の指数は、日本市場が前月比マイナスになりましたが、それ以外は強烈に戻してきました。まあ、戻すを飛び越えて、コロナ前より上げてきています。

この状況を市場はどう見ているのでしょうかね?
コロナの影響は、今後はワクチン開発も進み収束化、経済への影響も一部の業種に限定的、と読んでいるのでしょうか?

■S&P500
S&P500。
米国株は、今月は5.51%上昇。米国、強いですね。あっという間に、過去1年の+1σを超えてきました。
今は、ちょっと買いづらい状況です。

Twitterもフォローお願いします → もりかずお@morikazu56
このブログのfacebookページはこちら→ 気象×公正価値投資 「Fair Value Investment」

■ジャカルタ総合指数
ジャカルタは、ここ数ヶ月強烈に下げていましたが、少しずつ戻しました。過去1年の平均値の水準となっています。
今月は4.98%上げています。凄いです。

■日経225
日経225は、前月の1.88%上昇から一転、-2.59%と下げました。

■香港、ハンセン指数
香港市場は、前月の6.38%上昇に加えて、少し上昇。
ちょっとだけ良い感じになってきました。

■インド、ムンバイSENSEX30
インドのムンバイSENSEX30は、前月7.62%上昇でしたが、今月も7.78%の大幅上昇となりました。

なお、今回のグラフ及び作成手法は、ブログ記事「定点観測 2017年7月 --過去1年移動平均と標準偏差からみた株式市場の買い場」に依っています。

ワタクシゴトですが、2018年5月に本を出版しました。
株は「ゲリラ豪雨」で買い、「平均気温」で儲ける!
amzn.to/2G1VtGw 
ビジネス社さんより出していただきました。



この記事のまとめ:
  • コロナ禍の低迷から脱し、市場が活況に
  • 日本市場のみが低迷
  • その他は大幅上昇に
関連記事:

2020年8月2日日曜日

組入銘柄 2020年7月 --一部の銘柄が伸びています。市況もよく資産は増えていますがこんな時こそ油断は禁物。気楽に。ヽ(^o^)丿

2020年7月の組入銘柄です。

7月も、上位2銘柄の医療機器メーカーが続伸となりました。全般に株価が上がりましたので、総資産も相当大きくなっています。この2社で25%を超えてしまっていますね。(*^^*)
上位の銘柄はほとんどが成長株で、各会社の事業が乗ってきたら、あわせて株価も指数関数的に上げていきます。長く投資をやっていると、成長株がどんどん上位に来てしまいますね。
また、こういうときは、将来の下落をイメージして気楽に構えるのが一番です。買い意地をはらないほうが良いです。

Twitterもフォローお願いします → もりかずお@morikazu56
このブログのfacebookページはこちら→ 気象×公正価値投資 「Fair Value Investment」

「山東威高集団医用高分子製品」は糸の切れた凧のように上昇してしまっているので、もう記憶から消そうと思っています。どうせいつかは下げますので。笑

今月の新規買付は、SBI証券での定期的な積立、SPYD。

積立+楽天カード+ポイント投資はこちら。

ポイント投資。少額ですが、地味に買付を続けています。
前回も紹介しましたが、ポイントが100円分貯まると、1万円を足して買い付けていくルールでやっていますので、それなりの額を購入しています。
というかポイントがよく貯まるんですね。

配当は、米国企業が1件、インドネシアの企業が1件、ETFが1件振り込まれました。
高配当銘柄で有名なアルトリア・グループも振り込まれています。この配当は大きいです。

ワタクシゴトですが、2018年5月に本を出版しました。
株は「ゲリラ豪雨」で買い、「平均気温」で儲ける!
amzn.to/2G1VtGw 
ビジネス社さんより出していただきました。



この記事のまとめ:
  • 医療機器銘柄が時価総額の上位に
  • 製薬企業も買値から3倍位に
  • 楽天カードの積立、ポイント投資を開始
関連記事: