ラベル

米国株 (293) ファンダメンタルズ投資 (224) バリュー投資 (218) 中国株 (177) インドネシア株 (173) 成長株投資 (156) 財務諸表を読もう (143) 資本家 (139) 不労所得を得る (131) 個別銘柄分析 (128) アルゼンチン株式 (126) マレーシア株 (125) 配当を得る (111) 労働者 (110) 高配当投資 (105) 書籍 (93) 会計 (91) バブル・暴落 (89) 経営 (89) テクニカル投資 (81) 節約術 (71) ロシア株 (65) 組入銘柄 (65) 街角経済 (59) 家計簿 (41) 積立投資 (40) 定点観測 (38) ローン返済 (23) 寄付 (18) MELI (16) 名古屋 (16) グランパス (15) SHAK (12) MO (10) PNRA (10) DIS (9) ISRG (9) NISA (9) NTES (9) V (8) アメーバ経営 (8) PG (7) 0867.HK(康哲薬業) (6) ABT (6) インド株 (6) AEO (5) JNJ (5) LLY (5) MMM (5) SPY (5) WMT (5) 稲盛和夫 (5) 1066.HK(山東威高集団医用高分子製品) (4) 2202.HK(万科企業) (4) 2328.HK(中国人民財産保険) (3) 6888.KL(AXIATA) (3) GSK (3) UNH (3) UNVR.JK (3) カルガモ親子投資法 (3) 出版 (3) 0388.HK(香港交易所) (2) 0857.HK(中国石油天然気) (2) 0991.HK(大唐国際発電) (2) 2628.HK(中国人寿保険) (2) 2883.HK(中海油田服務) (2) 900923.SS(上海百聯集団) (2) BBRI.JK (2) BRK-B (2) INDF.JK (2) KLBF.JK (2) MCO (2) VOO (2) 0525.HK(広深鉄路) (1) 0576.HK(浙江高速道路) (1) 0837.HK(譚木匠) (1) 0956.HK(新天緑色能源) (1) 1398.HK(中国工商銀行) (1) 2039.HK(中国国際コンテナ) (1) 8664.KL(SP SETIA) (1) AXP (1) MA (1) MANU (1) TLKM.JK (1) TSLA (1)

2020年8月25日火曜日

家計簿のすすめ23 スマホ代 --大手キャリアからの変更で月額の大きな節約実現。さらに、白ロム端末を自由に選択できるメリットを享受。(*^^*)

約20年ほど前から、毎月、家計簿をつけているのですが、今回は携帯代金(スマホ代)のお話です。

今回はちょうど数日前、家族のスマホが故障してしまいました。お店に持っていったところ修理不可能という回答だったので、いよいよ購入しないといけない事態に。

Twitterもフォローお願いします → もりかずお@morikazu56
このブログのfacebookページはこちら→ 気象×公正価値投資 「Fair Value Investment」

故障したのはxperiaだったのですが、現在、中華製はなかなか買いづらい状況なので、悩んだ末iphoneにしました。

そこで感じたことを一言。

「UQモバイルにしてよかった」
「白ロムにしてよかった」

冒頭のグラフにあるように、我が家では2017年から、au→UQモバイルにしました。
家族の3台分(今は4台分に)をUQモバイルにして、月額平均で1万2000円だったのが、8000円くらいになりました。
この時は、auの端末をsimロックフリーにしてそのまま使っていましたので、先日まではキャリアを変えたことによる月額料金の節約の恩恵のみ感じていました。

今回は、さらに端末変更の恩恵を強く感じることに。
それは白ロム端末を使えることですが、キャリア指定の端末に縛られることなく、端末の選択肢が増えるのはとても良いですね。

ワタクシゴトですが、2018年5月に本を出版しました。
ビジネス社さんより出していただきました。


この記事のまとめ:
  • 携帯が故障し買い替えへ
  • 以前、au→UQモバイルで、月額の携帯代が大幅削減に
  • 白ロム端末を自由に選べるのがさらにメリット
関連記事:

この記事は参考になりましたか?

少しでも参考になればSNSでシェアしてもらうと嬉しいです。
   ↓ ↓ ↓

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

0 件のコメント:

コメントを投稿